歯周病

投稿日:2016年11月6日

カテゴリ:歯周病

こんばんは!
今日は歯周病についてお話しします。

歯周病という言葉は最近テレビなどでもよく耳にすると思います。ひと昔は歯槽膿漏とも言っていました。歯周病=歯槽膿漏ということです。

歯周病は歯肉炎と歯周炎の総称になります。
歯肉炎とは炎症が歯肉に限局しているものです。腫れや出血や発赤が見られます。
歯周炎とは、その炎症が深くまでおよび歯を支えている骨が溶けている状態を言います。
歯肉炎の場合はクリーニングやご自身でのセルフケアで元の引き締まった歯肉に戻りますが、歯周炎になり骨が溶けてしまうと元に戻ることはありません。
歯を失う原因の一つなのです!
また、歯周病は歯周病菌の感染症でもあります。
皆さん元々赤ちゃんの時は口の中に歯周病の原因になる菌はいません。しかし、成長するにつれて飲み回しや食具の使い回しなどで歯周病に感染している人から菌がうつってしまい感染するのです。
ということは、その菌をやっつけてしまえば再感染しない限り歯周病にはなりにくくなるのです!
そこでのぶデンタルクリニック中町で行っているのが歯周内科治療です。従来のSRP(歯肉の中の歯根の歯石を取る)やスケーリングだけではなく、原因菌を薬で除菌していくのです。
まず自分の口の中に歯周病菌がいるのかどうか顕微鏡で菌の観察をします。のぶデンタルクリニック中町

ただいまいい歯のキャンペーンが始まり、今ならなんとその顕微鏡検査が1回分無料になります。

この機会にぜひのぶデンタルクリニック中町にお越しください。