歯根破折

投稿日:2016年12月15日

カテゴリ:根管治療

みなさん、歯医者さんに行き「歯の根っこが割れてますね」と言われたことはありますか?
普段の生活でなぜ歯の根っこが割れてしまうのでしょうか。原因はいくつかあります。
1つは歯の神経を失っているということです。
虫歯菌が進み歯の神経まで感染している場合、歯の神経をとる治療をするのですが、神経のなくなった歯は歯質がもろくなり割れやすくなるのです。
2つめは感染した神経を取り終わった後、被せものをするために歯の形を整える土台を入れるのですがこの土台によく金属を用いるのですが、金属は硬いため噛む力が柔らかい歯質にとってくさびのように働き歯を割る力にになってしまうのです。
3つめは歯ぎしりや食いしばりです。通常、奥歯でものを噛む時の力は最大60~70kgと言われていますが、歯ぎしりをされている方の噛んでいる時の力は600~700kgに達するというデータがあります。そのため、神経の残っている歯でも2つに割れてしまうこともあるのです。また、1日のうち10分~11分、上下の歯が噛み合って接触するのが普通なのですが、ストレス社会と言われている現代は気がつくと食いしばっている人も増えています。
予防として、
神経に達するまで虫歯を放置しない。
被せものの前の土台を金属でないものにする。(ファイバーコア)
初期の虫歯治療で精度の高い治療をする。
(被せものの下に虫歯ができないよう)
歯ぎしりや食いしばりの症状を和らげるようマウスピースを使う。
神経の取った歯ではあまり硬いものは噛まない。

ご自身の歯を多く残せるよう…
のぶデンタルクリニック中町でお待ちしております。

■ 他の記事を読む■