将来を見すえた根本治療

当院では「お口全体」の診断を行っています

お口の将来の診断

患者様の中には、「奥歯が痛いのでそれだけ良くして欲しい」、などのご要望を聞くことがあります。当然患者様の奥歯は治療しますが、当院ではまずお口の全体の診断を行って虫歯や歯周病のチェックし、それらの治療も一緒に行うことをオススメしています。

「痛い部分のみ治療する」だけでは解決しません

軽度の虫歯や歯周病の場合、痛みはそんなにありませんので自覚症状はほぼありません。痛みがある部分だけ治療しても、将来他の部分にある虫歯や歯周病が進行することがあります。さらに噛み合わせの悪化からくる虫歯などは、たとえ治療しても再発の危険性が残ります。「痛いところだけ治す」は根本解決になりません。

根本治療

将来を見すえた根本治療で『こんなに得するんです!』

根本治療

痛いところだけを治療するのではなく、将来を見据えて悪い部分を先手先手で治療していくことで、患者様は得をします。痛い部分のみではなくすべての口腔環境を整えれば、将来的な抜歯の危険性を回避でき、歯を削る部分を軽減できるからです。早急にそのような危険性を回避することで、患者様自身将来的に発生するかもしれない治療費を大幅に減額させられます。

  • 歯の一本の価値は40万円!?

    歯の一本の価値歯が抜けた場合、現在最も良い治療の選択肢とされているのはインプラント治療です。インプラント治療をしてセラミックの歯を被せると治療費は1本あたり約40万円。つまり歯の一本の価値は40万円となり、お口全体に1000万円の貯金をしているのと同じです。この貯金を切り崩さないように根本治療が必要です。

  • 生涯、快適に自分の歯で食事ができる!

    高齢者の食生活金銭的な得だけでなく、お口の健康を守るということは、生涯、快適に自分の歯で食事ができるという得もあります。実はこちら、若いうちはあまり実感がわかないと思いますが、50代以降くらいから歯への後悔が強くなり、70代ではほとんどの方が歯を大事にすればよかったと悔いていらっしゃるようです。

先手先手の治療をした人と、痛い時だけ歯医者に通った人の生涯治療費の差

定期検診を受けていた人の生涯治療費

定期検診を受けていない人の生涯治療費

上画像は歯科医院で定期健診を行い、先手先手で根本治療を行った方と、痛い部分のみを治療して後は放置していた方との生涯治療費の例です。

歯科検診を受診しながら根本治療を行って抜歯の危険性を回避し、天然歯を維持する調整を行った方と、それ以外の方との生涯治療費はこんなにも違います。面倒くさい点もありますが、定期健診の受診と、先手先手の治療によって根本治療を行えば、最終的には患者様が負担する治療費をこんなにも軽減できるのです。

スタッフからのお願い

のぶ:デンタルクリニック中町からのお願い

上記のようにのぶ:デンタルクリニック中町ではお口の全体の診断を行い、お口全体の根本治療をオススメしておりますので、他の歯科医院様と比べて治療の時間がかかる場合がございます。しかし、将来的にはご自身の歯の寿命を伸ばすことに繋がり、さらに生涯治療費も低くなりますので、どうかご理解いただきながら、私達とともに治療に専念していただければと存じます。