抜かない・削らない治療

可能な限り抜かない、削らない「低侵襲治療」を行っています

低侵襲治療

のぶ:デンタルクリニック中町では、天然歯を維持する保存治療にこだわっており、歯を傷めない低侵襲治療(ミニマルインターベンション)を実施しています。歯は一度削ると二度と戻りません。そのため将来的に健康な口腔状態を保つために、当院こだわりの事項を紹介します。

7つの削らない治療

4つの削らない治療

虫歯菌によって溶かされてしまった部分を歯を削ることなく治療する。これが理想ですが、現在の医学でもまだ完全に実現することはできません。しかし、可能な限り削らないで治すことは可能です。そのために当院が行っている7つの取り組みをここでご紹介します。

  • ①ヤグレーザーでの虫歯組織除去

    レーザーでの虫歯組織除去虫歯治療を行う時はタービンで虫歯組織を削って取り除きますが、その時レーザーを使用すれば、健康な歯質に影響を及ぼすことなく、水分の多い虫歯組織だけを除去できます。元の歯組織を全く傷つけることなく、虫歯組織だけを除去できます。

  • ②拡大鏡精密治療

    拡大鏡精密治療拡大鏡の使用により肉眼の数倍に拡大された視野下で精密に治療することで削りすぎを防ぎ、また、早期発見、早期治療を実現することで虫歯を小さいうちに、処置できます。当院では保険治療、自費治療に関係なく使用しております。

  • ③マイクロスコープでの低侵襲治療

    マイクロスコープでの低侵襲治療肉眼の数倍に視野を拡大する拡大鏡でも見えないものは、より拡大できるマイクロスコープ(最大で肉眼の40倍)を活用する場合もあります。マイクロスコープの導入率は全体の5%程度だと言われています。

  • ④ドックスベストセメント

    ドックスベストセメントドッグスベストセメントは、ミネラルの力で虫歯組織を殺菌するという治療法で、虫歯組織すべてを削ることなく不活性化できます。アメリカでは一般的に使用されている治療法です。

  • ⑤ヒールオゾン治療

    ③ヒールオゾン治療オゾンの高い殺菌力(細菌では塩素の7倍)を利用して、虫歯や根管内を無菌化します。しかも、副作用は皆無です。 削らずに殺菌ができるうえに再石灰化が促進されます。

  • ⑥根本治療のすすめ

    ④根本治療のすすめ当院では、将来を見すえた根本治療を積極的にご提案しております。適切な口腔状態にし、それを長期維持していくことで、生涯において削る回数自体が減ります(治療回数が減少します)。

  • ⑦う蝕検知液の活用

    う蝕検知液の活用う蝕検知液は、歯に塗ると虫歯部分のみが赤く染まる液体です。肉眼で虫歯組織と健康な歯質の境目の判断がつかない場合は、う蝕検知液を塗って確認することで削りすぎを防ぎます。

4つの抜かない治療(可能な限り抜歯を回避します)

4つの抜かない治療

のぶ:デンタルクリニック中町では、可能な限り歯を抜かない治療として下記4つの方法を行っています。

  • ①歯周病を薬で治療する歯周内科

    歯周内科抜歯原因No.1は「歯周病」です。この歯周病の回避、あるいは完治治療に特化することで抜歯を防止できます。当院ではこの歯周病治療を重視しており、お薬で歯周病菌を除去できる歯周内科など、最新の歯周病治療を提供しています。

  • ②マイクロスコープ精密根管治療

    マイクロスコープ精密根管治療重度虫歯の場合、神経にまで虫歯が達して神経の通る根管の治療が必要になります。この神経治療、保険診療で行うとその再発率は80%以上と言われていますが、マイクロスコープを使用することで再発リスクを下げ、将来の抜歯リスクを激減させられます。

  • ③根管治療時の徹底した感染防止対策

    根管治療時の徹底した感染防止対策マイクロスコープやラバーダム、高周波治療器等の最新機器を用い、抜歯の最後の砦と言われる「根管治療」の滅菌精度を大幅に高め、一般的には抜歯になってしまう歯も、抜かずに済むケースがあります。

  • ④根本治療のすすめ

    根本治療のすすめ当院では、将来を見すえた根本治療を積極的にご提案しております。適切な口腔状態にし、それを長期維持していくことで、歯を抜かなければならなくなるまで歯や歯肉が悪くなる状態を先手先手で防ぎます。

世田谷区中町で歯を「抜きたくない、削りたくない」方へ

根本治療のすすめ

このようにのぶ:デンタルクリニック中町では、抜かない、削らない治療である「低侵襲治療」を重視しています。歯を「抜きたくない、また削りたくない」方で世田谷区中町で歯科医院をお探しの方は、ぜひ一度当院までご相談ください。きっと満足していただけると思います。