マイクロスコープ精密治療

肉眼より40倍視野が拡大されるので「精密治療」が可能です!

マイクロスコープ精密治療

のぶ:デンタルクリニック中町では、歯科マイクロスコープを使って精密な治療を実施しています。このマイクロスコープにより、「さらにきれいに」、「正確に」、「長持ちできる治療」ができます。「せっかく治療を行うのであれば、もっと精密にしてもらいたい!」という方はぜひのぶ:デンタルクリニック中町にご相談ください。

歯科マイクロスコープとは?

歯科マイクロスコープ歯科マイクロスコープは歯科用顕微鏡のことで、肉眼の40倍程度まで視野を拡大し患部を確認できます。

私たちのお口の中はとても狭く暗く、非常に小さな組織ですので、肉眼のみに頼った治療では高い精度を保った状態で治療を行うことができない場合があります。

そういった時にマイクロスコープを使用すれば患部を拡大できますので、歯の色の変化や歯面にあるヒビ、さらに形状などを正確に把握できます。歯科マイクロスコープは、現在の歯科医療で最も注目された最新機器です。

歯科マイクロスコープによる視野

歯科マイクロスコープによる視野

上画像は、肉眼による歯の見え方、そしてマイクロスコープで数倍に拡大した時の見え方の比較画像です。いかがでしょうか?このように異なって見えます。「見える」、「見えにくい」、この差は歯科医療業界にとってとても大きな違いです。患者様のお口に対しても、将来的に大きな影響を及ぼすかもしれません。

You can only treat what you can see.
(見えるものしか治療できない)

歯の根の治療(歯内療法)で最も進んだ教育機関であるペンシルバニア大学歯内療法学科のSyngcuk KIM教授の言葉です。当院では、肉眼では限界がある歯科診療において、歯科マイクロスコープ(歯科顕微鏡)を使用し、より精密に取り組んでおります。

sample

マイクロスコープ治療による低侵襲治療

  • 「削る」を最小限に

    削らないマイクロスコープ治療マイクロスコープを使用し、虫歯組織と正常組織の境目が見えやすくなるので、削る面積を最小限にとどめることが可能となります。

  • 「抜く」を最小限に

    抜かないためのマイクロスコープ治療マイクロスコープ精密治療が特に力を発揮するのが根管治療の時。根管治療の精度が飛躍的に上がることで、再発リスク、抜歯リスクを激減させられます。

歯科マイクロスコープを使った精密治療のメリット

  • 被せ物や詰め物の適合性や長持ち度が増し、さらに適合性も良くなります。
  • 歯の色の微妙なグラデーションやシミなどを確認できます。
  • 歯の形状や適合段階で、0.1ミリ単位(マイクロ単位)での調整が可能です。
  • 小さい虫歯(その他病巣を含みます)を見つけやすくなります
  • 歯と歯茎の間の部分もきちんと確認できます
  • 歯を削る量を最小限に抑えることができます
  • その結果、天然歯の長期的維持が可能になり、抜歯を防止できます。

マイクロスコープを使用している歯科医院は、全体の5%以下

マイクロスコープを使用している歯科医院

日本の歯科医院数は現在約7万軒あり、それはコンビニエンスストアの2倍以上とも言われています。とても多い数なのですが、実際にこの歯科用マイクロスコープを使用している歯科医院は、全体の5%以下。20の歯科医院の中で、わすが1つ以下というのが現実です。

歯科激戦区と言われる東京都世田谷区中町でもマイクロスコープを導入した歯科医院は多くありません。しかし最近では、マイクロスコープ治療を希望する患者様が当院でも多くなりました。歯に対しての、患者様の考え方に変化が生じてきた証拠ですね。非常に嬉しく思います。

「治療するなら精密な治療が良い」という方はぜひご相談下さい

のぶデンタルクリニック中町のマイクロスコープ治療

のぶ:デンタルクリニック中町では、歯科マイクロスコープによる精密治療を行っています。歯科医師、また患者様それぞれが「治療を行うのであれば、精密にしてもらいたい」と思っているはずです。

マイクロスコープの使用不使用の選択が、将来の皆様の歯に大きな影響を与える可能性があります。世田谷区中町でマイクロスコープ精密治療をご希望の方は、ぜひ一度のぶ:デンタルクリニック中町までお気軽にご相談ください。