噛み合わせの記事一覧

姿勢と歯並び

投稿日:2017年3月10日

カテゴリ:噛み合わせ

お子さんの成長発育の過程で歯並びをゆがませるような姿勢の癖がいくつかあります。うつぶせ寝や横向き寝、頬杖があげられます。歯は実はささいな力でもすぐに移動します。これらのいわゆる態癖がある場合、加わる方向に歯軸や歯列弓が歪 […]

>続きを読む

のぶ:デンタルクリニックの目指す歯科医院

投稿日:2017年2月24日

カテゴリ:予防歯科 噛み合わせ 顎関節症

今日は、のぶ:デンタルクリニック中町が目指す歯科医院についてお話しさせていただきます。私たちは、先端機器の使用はもちろんのこと、歯科の枠を超えた高度な総合医療を目指しています。一つの歯だけを治すという対処的治療はもちろん […]

>続きを読む

態癖について

投稿日:2017年2月22日

カテゴリ:噛み合わせ 矯正

歯並びに影響する要因のひとつに、日常的な姿勢があげられます。 なかでも睡眠時やリラックス時の姿勢である「うつぶせ寝・横向き寝」と「頬杖」は、歯列への影響が大きい態癖と言われています。 態癖とはわかりやすくいうと、口腔をは […]

>続きを読む

TCHによる影響

投稿日:2016年12月7日

カテゴリ:噛み合わせ 未分類

以前にTCHにとは何かということをブログに書かせていただきました。 今日はTCHが顎関節症だけでなく、他のさまざまな歯科疾患の症状と関連があると考えられていることを書きたいと思います。 《歯科におけるTCHによる影響》 […]

>続きを読む

歯ぎしり、食いしばりのお問合せ

投稿日:2016年12月5日

カテゴリ:噛み合わせ

こんばんは。のぶ:デンタルクリニック中町では毎日いろいろなお問合せをいただきますが、その中でも歯ぎしり、食いしばりに関する質問はとても多いです。長年悩んでいるという方が非常に多く、口腔内に留まらず、頭や首、肩など身体の不 […]

>続きを読む

かみ合わせ治療

投稿日:2016年8月25日

カテゴリ:噛み合わせ

かみ合わせの話です。一般的には、成長発育の過程で6歳前後になると上下顎ともに6歳臼歯(第一大臼歯、前歯から後ろ方向に数えて6番目に生える歯)が生えてきます、この歯は乳歯とは関係なく歯茎を破って生えてきます。 次に前歯の乳 […]

>続きを読む

補綴(被せもの)による噛み合わせ治療

投稿日:2016年8月5日

カテゴリ:噛み合わせ

噛み合わせ治療を行なう際に、様々な診査をします。   まず セファロレントゲンによる骨格分析を必ず行ないます。 上顎、下顎の関係、歯の軸の角度、脳頭蓋底と顔面の関係、気道や舌骨の状態など 多くの情報を得る事がで […]

>続きを読む

拡大非抜歯矯正

投稿日:2016年8月4日

カテゴリ:噛み合わせ

 噛み合わせに問題がありながらも、バイオブロック治療の適応でないお子様や、装置の装着時間等の理由などからRAMPA治療を行なわない場合、また検査の結果から得られる重症度の度合いによっては、拡大床とブラケット、ワイヤーを使 […]

>続きを読む

バイオブロック治療

投稿日:2016年8月3日

カテゴリ:噛み合わせ

バイオブロック療法は、イギリスの ジョン・ミュー先生によって提唱された顎顔面口腔育成治療法です。 気道や舌、筋肉など歯並びが悪くなった原因にアプローチする事で、子供の成長発育を正しい方向に誘導します。 我々は、欧米人と比 […]

>続きを読む

RAMPA治療

投稿日:2016年8月2日

カテゴリ:噛み合わせ

RAMPA・・・ ランパ と読みます。 Right Angle Maxillary Protraction Appliance の頭文字を取ったもので、簡単に略すと 『上顎を正しい方向に牽引する装置』 と言う事になります […]

>続きを読む

1 2 >