小児歯科・小児矯正(ランパ矯正)

このページの目次

小児矯正をお考えの方は、歯並びだけでなく『呼吸』も考えて!

小児矯正と顎の大きさ

世田谷区にて小児矯正をお考えで小児矯正歯科をお探しの方には、ぜひともこの項をしっかりご一読いただきたいです。小児矯正はその実、単に歯並びだけでなく、お子さんの将来に大きく関わってくる分野です。方法によっては、例えば、歯並びだけでなく、アレルギー、喘息、鼻炎、多動などの症状、集中力不足、多動傾向を改善できる効果も期待できるのです。

子供の顎骨の位置のズレ、小ささがもたらす悲劇

小さい子どもの顎骨近年は食の欧米化に伴い、柔らかいものを食べる機会が増え、顎骨が正常発育せず顎骨全体が小さく、また位置が正常な位置にない子供が増えています。

上顎(上顎骨複合体)が小さい・位置がズレていると鼻腔という鼻の空気が通るスペースも小さくなり、呼吸がしづらくなります。

さらに下アゴが小さい・位置がズレることで歯が適切に並ぶスペースが無く歯並びが悪くなる他、舌が収まるスペースが足りないため、喉のほうへ舌が落ちて気道が圧迫され呼吸がしづらくなり、いびき、口呼吸といった症状が出ます。

呼吸がうまくできていないために起こる悲劇

呼吸がうまくできない子供脳は酸素を必要としています。特に寝ている時に脳は成長しますが、その時に、適切に酸素が脳へ運ばれないと学力低下はもちろん、悪い姿勢、精神的情緒不安定、多動傾向、中耳炎、蓄膿症に陥ることが報告されています。

また、鼻呼吸がしづらくなるので、口呼吸となり、口ポカン症状、汚染物質がダイレクトに身体に入るために免疫抵抗力が落ちる、扁桃腺が腫れやすくなったり、アレルギー、鼻炎になりやすくなることも報告されています。

呼吸を改善する=歯並びも良くなる

子供の上顎(中顔面・上顎骨複合体)の大きさと位置を適切に成長させることができると、呼吸がしやすくなり、本来、子供がもっている能力を最大限に発揮することができるようになります。さらに、舌の位置も改善されることで、口腔周囲筋も正常発育し、結果、顎関節が正常に動くようになり、姿勢が改善され歯並びが自然とキレイに並ぶようになります。

ランパ矯正と顎の拡張

一般的な小児矯正では、顎骨(上顎骨複合体)の正常発育は不可能です

小児矯正(床矯正、ワイヤー矯正)顎骨の正常発育の大切さはご理解頂けたと思いますが、では、正常発育していない顎骨を、一般的な矯正歯科や歯科医院で行われるいわゆる「小児矯正(床矯正、ワイヤー矯正)」で矯正できるでしょうか?

答えは「NO」です。

小児矯正と顎骨矯正では、考え方、アプローチ方法、目指すゴールがまったく違います。歯列矯正医と我々ではまったく考えていることが違うのです。

断言できます。顎骨の正常発育は通常の小児矯正では不可能です。

顎骨矯正小児矯正はあくまで歯列矯正です。最終目的は歯をキレイに並べる事です。SH矯正やMRC矯正などもゴールは同じで、そのためにアゴを側方に拡大するというのが一般小児矯正と比べて特長である点が少し違うだけです。

そこで我々の提案している矯正方法は、『歯列矯正ではなく顎骨矯正』という方法です。

顎骨矯正の最終目的は、気道の確保と顔面骨格の成長を正常に導くことです。その結果、歯並びもキレイに整った。という具合で、歯列よりも大切なことに目を向け、結果、自然と歯が正常に並ぶ成長へと導きます。

一般的な小児矯正の考え方

子供の歯並びをキレイにしよう!→顎骨を側方に拡大しよう!→スペースができてキレイに並んだ(ゴール)!

我々の考え方

呼吸を正常化し、本来の能力を発揮、老齢まで強く健康でいよう!→顎骨を矯正しよう!→呼吸が正常化した!→姿勢・アレルギーがよくなった→子供の能力が最大限発揮できるようになった(ゴール)!→スペースができてキレイに並んだ!

全然考え方とゴールが違うのがお分かりいただけると思います。では、この考え方をもっている我々が取り組んでいる小児矯正ではない、顎骨矯正法をご紹介させていただきます。

我々の提案は、世界最先端の小児矯正「RAMPA矯正」です!

RAMPA矯正

のぶ:デンタルクリニック中町が小さなお子さんをお持ちの親御様にオススメしているのが、世界最先端の顎骨矯正である「RAMPA矯正」です。RAMPA矯正(以下ランパ矯正)は、顎顔面口腔育成研究会(JACG)が推奨する顎骨矯正法で、歯列だけでなく、健康そのものに非常に効果が高いとされ近年、世界中で注目されている矯正治療法です。

ランパ(RAMPA)矯正の目的

RAMPA矯正ランパ矯正は、『永久歯で呼吸と咀嚼(噛み合わせ)が理想的にできるよう、気道の確保と顔面骨格の成長を正常に導く治療』です。

従来の歯科矯正治療とは全く別の考え方と治療法で、口呼吸を鼻呼吸に変え、子どもの顎・顔面・口腔の健全な発育を目指します。つまり、歯並びをキレイにするのが本来の目的ではなく、あくまで呼吸を改善するのが目的の治療法で、結果、歯並びも、姿勢も、アレルギーや不眠、情緒不安定、学力低下も改善されるということなのです。

rampa08顔面における呼吸に関連するものを大まかに上げると、歯、下顎骨、上顎骨(上顎骨複合体)、気道、口腔周囲筋、舌位となります。

この中で最も大事と言われているのが舌位です。舌位が正しい位置にあることで、口腔周囲筋が正常に働き、それにより気道が正常に広がり、顎骨が正常に拡大、キレイに歯が並ぶのです。

この舌位から始まる呼吸に関連する組織の関係を無視してピラミッドの上部の歯のみを矯正しようとする行為がいわゆる、一般的な小児矯正であるといえるでしょう。

ランパ(RAMPA)矯正の具体的治療法

ランパ(RAMPA)矯正の治療法RAMPA治療は、中顔面(上顎および、その複合体)の前方成長を正常に発育させることで、 骨格矯正、リップシールド(口唇閉鎖)の治療とも言えます。

具体的な治療法としては、RAMPA装置とバイオブロック装置を使用して上顎骨複合体(中顔面)を前上方に引っ張り、正しい位置に矯正していきます。同時に上下顎の側方への拡大も行います。

一般的な小児矯正に比べ、顎骨自体を矯正していく方法ですので改善効果は絶大ですが、子供、親御さんへの負担は多くなります。しかし、それを踏まえても、医療人として、自信をもってオススメできる治療法です。

呼吸を改善せずに小児矯正をすると・・・

呼吸を改善すれば、顎の形と舌の位置が改善され歯は自然に並ぶのに対し、改善しないで歯を並べても強大な舌の力と悪い姿勢によって歯列は後戻りしてしまいます。抜歯をしてスペースを作り、そのスペースを利用して歯列を作っても口腔容積が減少して舌の位置が悪くなり、更に呼吸は悪化します。これは姿勢を悪化しストレートネックに繋がっていくのです。

sample

RAMPA治療で使用する矯正装置

  • RAMPA装置

    RAMPA装置RAMPAはフルオーダーメイドのヘッドギア型装置です。口の中からフレーム、樹脂でつくられたパッドまで個々人に合わせて制作されています。フェイスマスクとバンド、口腔内装置、着脱可能なアクティブボウからなります。最も効果が出やすいのは成長期の5~12歳ですが、大人も可能です。

  • バイオブロック装置

    バイオブロック装置バイオブロック装置は、床矯正装置と似ていますね。バイオブロック装置は、6番、もしくは5番の乳歯をアンカーにして顎骨を拡大していく矯正装置です。イギリスのジョンミュー先生が開発した装置です。乳歯が必要なので、5~8歳前後までしか治療できないです。また、受け口の治療には向いていません。

RAMPA治療ができる年齢と歯科医院

  • バイオブロック治療は5~8歳、ランパ治療は大人でも可能

    ランパ矯正の適用年齢

    バイオブロック矯正には、治療可能年齢があります。顎骨の成長する力と、乳歯を利用しながら顎骨を拡大していくために、乳歯が生えている期間、つまり5~8歳前後までがバイオブロック矯正が可能な期間となります。逆にランパ矯正は小児だけでなく顎骨の成長が終わった成人でも治療可能ですが、最適な年齢は同じく顎骨の成長期である5~12歳前後となります。

  • ランパ矯正が受診できるのは世界で130医院程度のみ!

    ランパ矯正ランパ矯正は、これまで外科処置なしでは不可能と言われ、半ば諦められていた顎骨の前方拡大を実現できる唯一の矯正方法です。ただし、世界でも最先端の矯正法ですので、全世界でもランパ矯正を受診できる歯医者さんは130程度(2016年8月現在)。のぶ:デンタルクリニック中町ではランパ矯正をいち早く取り入れ、全国よりお越しの悩みをお持ちの子供たちを診断しています。

ランパ矯正で改善が期待できる子供の悪い症状まとめ ~こんな症状はありませんか?~

下記の症状は、アゴの前方成長不足が根本の原因で起こっている可能性があり、これを改善すると症状緩和が期待できる場合があります。

  • 鼻炎、アレルギー性鼻炎がある
  • よく口がぽかんと空いている
  • 多動的な行動をとるときが多い気がする
  • 下の歯が上の歯より前に出ている「うけ口」である
  • 乳歯の時期なのに、歯の隙間がなく、びっちり埋まっている
  • いびきをかく
  • 落ち着きがなく、多動である
  • 猫背など、姿勢が悪い
  • 笑った時に歯ぐきが見えるガミースマイルである
  • 鼻の位置がズレている(鼻中湾曲症)
  • 中耳炎になりやすい
  • 蓄膿症である、もしくはそれに近い症状である

ランパ矯正に関する無料相談実施中!

東京都世田谷区で小児矯正をお考え方は、ランパ矯正についてのセカンドオピニオン(無料相談)を行なっておりますので、ぜひご利用下さい。顎を側方に拡大するだけでなく、側方&前方にも拡大することの大切さをきっとご理解いただけるはずです。子供の将来を決めることです、自信をもってオススメできます。

ランパ矯正

小児歯科に対するのぶ:デンタルクリニック中町の取り組み

小児歯科

歯科医院では「小児歯科」と呼ばれる診療科目があります。これはその言葉通り、子どもたちの歯を専門的に治療するものです。小児歯科が大人の治療と区別されているのは、大人と子どもでは治療方針が異なるからです。

まず歯医者を好きになってもらうことです

小児歯科

虫歯があれば悪い部分を除去して、被せ物や詰め物で治療します。このような虫歯治療は、大人と子どもでそう大差はありません。しかし小児歯科では、治療の前に意識することがあるのです。それは子どもたちに歯医者を好きになってもらうことです。歯医者を嫌いにならないようにすることが大切です。現在当院で行っていることを紹介します。

  • ①歯医者さんに慣れてから治療を

    歯医者さんに慣れてからから治療歯の治療は子どもさんに取ってとても怖いものです。そのためすぐに治療を行えば、歯医者を嫌いになる可能性があります。それを回避するために、まず道具に触れてもらったり、何かお話をして子どもさんの緊張をほぐして、当院に慣れてもらってから治療を行っています。

  • ② 子供にも治療のことを説明する

    小児歯科子どもさんが実際に受ける治療を、本人に対して丁寧に説明して理解してもらいます。虫歯治療を行わないとどうなるのか、また治療方法などを説明します。説明は難しいことも多いので、子どもには理解できないと思われがちですが、丁寧に説明すれば子供でも理解してくれます。

  • ③保護者の方にも同席してもらいます

    保護者同伴の小児歯科子どもさんが治療を受ける時は、保護者の方もぜひご同席してください。まず同席することで子どもさんが適切な治療を受けている証拠になります。さらに親子揃って治療についての知識を身につけてもらいたいからです。自宅に帰って子どもさんの歯を保護できるのは、保護者の方だけです。

  • ④「咬合誘導(アゴの誘導)」について

    咬合誘導(アゴの誘導)近年の食生活の変化により、アゴの小さい子どもが増えています。これを改善するのが「咬合誘導(こうごうゆうどう)」です。これは子どものアゴの成長に合わせて、床矯正装置によって適切にアゴの大きさを誘導する方法です。歯並びだけでなく鼻炎やアレルギー、多動の改善などにも効果があります。

子どもを虫歯にさせないための3つ虫歯予防処置

虫歯予防処置

各家庭で子どもさんの虫歯予防を心がけ、さらに定期的に歯医者で予防処置を行うと効果が高まります。ここでは歯科医院で行う3つの虫歯予防処置を説明します。

  • 正しい歯磨き指導(TBI)

    歯磨き指導子どもの歯は歯並びが複雑であり、さらに形が小さいので歯を磨きにくいのです。

    磨き残しがあると虫歯になることがあります。そこでTBIと呼ばれる歯磨き指導を行います。正しい方法によって歯を磨くことで虫歯を予防できます。

  • シーラントでの溝埋め

    シーラント子どもの歯の表面にはとても複雑な溝があります。この部分に食べかすが詰まると虫歯になることがあります。

    虫歯の原因である溝を埋めるのがシーラント法です。この方法によって食べかすが詰まりにくくなりますので、虫歯を防止できます。

  • フッ素塗布で歯質強化

    フッ素塗布歯磨き粉の中に入っているフッ素と呼ばれる成分には、歯を虫歯菌から守ってくれる作用があります。

    歯科医院ではこの歯磨き粉に入っているものよりも高い濃度のフッ素を直接歯に塗り、歯の抵抗力を強める治療法があります。

世田谷区中町で小児歯科・小児矯正歯科をお探しの方へ

世田谷区中町の小児歯科・小児矯正歯科

のぶ:デンタルクリニック中町の小児歯科は、虫歯になった後に治療するのではなく、虫歯になる前の予防に力をいれています。もっといえば、虫歯にならないための歯並び、アゴの大きさを作ることを重視しています。世田谷区中町に住むたくさんの子どもたちが当院に通っています。世田谷区中町で小児歯科・小児矯正歯科をお探しの方は、ぜひ一度当院にお問い合わせください。