ホワイトニング

ライフスタイルに適したホワイトニングをご提案

ホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングというのは、歯医者で患者専用のマウスピース形状の専用トレーを作り、ホワイトニング薬剤と一緒に自宅に持ち帰って都合のいい時にホワイトニングを行う方法です。

ホームホワイトニングは効果の持続が期待できます

ホームホワイトニングホームホワイトニングは低い濃度の薬剤を使いますので、効果が出るまで時間がかかります。

しかしその分薬剤が歯にしっかり浸透し、後戻りを防ぎ効果が持続しやすいのです。

また歯医者に通院する必要がなく自宅でホワイトニングできますので、忙しい方にもオススメです。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングというのは歯医者で行うホワイトニング方法で、歯の表面に対してホワイトニング薬剤を塗り、光を当てて白くします。

早く歯をホワイトニングしたい人に適した方法

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニングは光によってホワイトニング薬剤の浸透効果を高めますので、効果が早くさらに一度でその効果が現れます。

この方法は早く白くしたい方にオススメです。

なお個人差は出てきますが、希望する白さになるまで、だいたい2~3回程度の通院が必要です。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングというのは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを一緒に行う方法です。これによりそれぞれの欠点を補え、よりきれいな白さを保てます。

デュアルホワイトニングの効果は早く、すぐに白くなります

デュアルホワイトイングデュアルホワイトニングは、結婚式の前に行う「ブライダルホワイトニング」で良く利用されます。

ホワイトニングの中で、最も短い期間で効果を実感できます。また効果の持続性も高いのです。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチというのは、神経のない歯、あるいは死んだ歯の変色を補う方法です。

歯の神経が死んで黒くなった歯も白くなります。

ウォーキングブリーチまた根が折れて神経が死んだ場合(失活歯)でも、数回程度の通院で白くなります。この場合失活歯の裏穴を空けて、そこからブリーチ薬剤を詰めます。だいたい1週間~10日間程度で薬剤の取り替えを行い白くしていきます。

歯茎に対するピーリング

歯茎に対してのピーリングは、ガムピーリングと呼ばれことがあり、黒ずんだ歯茎を薬剤で除去してピンク色にします。

黒ずんでいる歯茎を、元のピンク色に戻すことができます。

歯ぐきのピーリングタバコによってメラニン色素が沈着し、歯茎が黒ずみます。

さらにタバコを吸わない方でも周辺の方が吸っていれば、歯茎にメラニン色素が沈着する確率が高まります。
そして差し歯などの金属イオンによって、歯に色素が沈着することもあります。

このような症状でも歯茎をピンク色に戻せます。

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングで使用する薬剤には害はないのでしょうか?

シェードガイド
ホワイトニングの持続期間は当然個人差があり、通常6カ月前後で戻り始めます。白さを維持するには定期的なメンテナンスが必要です。またタッチアップなど、再ホワイトニングもおすすめです。

ホワイトニングの痛みはありますか?

ホワイトニングは歯を削ることはありません。そのため痛みはありませんが、虫歯や炎症があれば痛むが出ることはあります。そのためホワイトニング治療の前に、治療を済ませておく必要があります。また中には、ワイトニングにより知覚過敏が発症する方もいます。しかしこれは一過性ですのですぐに良くなります。

ホワイトニングの治療中、また終わった後に注意する食べ物や飲みものはありますか?

色素が濃い物(コーヒー、お茶、カレー、赤ワインなど)、また酸味が強い物は避けてください。さらに飲食物以外では、色が濃いうがい薬、タバコ、口紅などにも注意する必要があります。

エステサロンでのホワイトニングとの違いはありますか?

歯医者で使うホワイトニング剤は医薬品であり、エステサロンのホワイトニング剤は医薬品以外です。そのため歯医者で使う薬剤の方が効果が高いと言えます。

妊娠中ですが、ホワイトニングは大丈夫ですか?

妊娠中、あるいは授乳中の方は、ホワイトニング剤の安全性が確立されていないこともあり治療はできません。

世田谷区中町でホワイトニングならのぶデンタルクリニック中町!

世田谷区中町でホワイトニング

歯医者の中にはオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングのどちらか一方だけしか行っていないところが多々あります。のぶ:デンタルクリニック中町では両方行っていますので、世田谷区中町でホワイトニングが可能な歯医者お探しの方はぜひとも当院へご相談ください。