歯周病とインプラントは密接な関係

投稿日:2016年7月21日

カテゴリ:スタッフブログ

インプラントは、抜けてしまった歯を補うための治療法です。

入れ歯やブリッジとは違って、ほとんど自分の歯と同じような感覚で食べたり喋ったり出来る、というメリットが有ります。そこで歯周病によって歯を失ってしまった場合も、インプラントを用いれば良いと思われがちなのですが、実はそう簡単にはいかないのです。顎の骨に人口の歯根を埋め込んで、それに人口歯を被せるので顎の骨が十分に有り、しっかりとしている必要があります。

歯周病によって顎の骨が減ってしまっていると、治療が思うようにいかなくなってしまうのです。よってインプラント手術を受ける前には、しっかりと歯周病を治療している必要があります。

このように両者はとても密接な関係にありますので、歯科(歯医者)を選ぶ際にはどちらもきちんと治療・アフターフォローしてくれる医院を探すことが大切です。歯周病になった経験のある人が、インプラントを受ける際にはこの事について、納得のいく説明をしてくれる歯科を選ぶようにしましょう。

■ 他の記事を読む■