歯周病罹患時のインプラント治療

投稿日:2016年7月21日

カテゴリ:スタッフブログ

インプラントとは、歯が抜けてしまった所にネジを埋め込み、その上に人口歯を装着するという治療法です。インプラントには、健康な歯を削る必要が無い、見た目が自分の歯と変わらない、固いものでも違和感なく噛むことができるなどのメリットがあるので、利用者は増加傾向にあります。

ネジは顎の骨に埋め込むのか、顎の骨が薄い患者様の場合は頬骨に固定をするザイゴマインプラントという手術法もあります。歯周病になると顎の骨が溶けてしまうので、骨に十分な幅と深さを確保できなくなってしまうことがあります。その場合は、骨移植や再生療法・ザイゴマインプラントなどをすればインプラント治療が可能になりますが、骨移植や再生療法は簡単なものではないので、患者様の負担は大きくなります。

また、歯周病が原因で歯を喪失した場合、周囲の歯も歯周病にかかっている場合が多いので、周囲の歯もしっかり治療をすることが大切です。そうしないと、後になって様々な問題が発生する可能性が非常に高くなります。