インプラントの利点と歯周病対応

投稿日:2016年7月21日

カテゴリ:スタッフブログ

何らかの理由で歯が欠損していたり、抜歯の必要が生じた場合にこれを回復させる治療法の1つがインプラント>です。歯そのものを再生出来る訳ではありませんが、埋め込んだインプラントが上手く組織に定着した場合には自分の歯と全く変わらない程に馴染んで扱えるようになる為、高い機能性が実現出来る点で魅力的な治療法です。

一方、必ずしも定着が保証されるものでは無い事も抑えて置かなければなりません。特に口腔内の既往症として歯周病を抱えている場合には、その定着率が下がる事が知られています。

インプラントは顎の骨に埋め込む形を取りますが、歯周病が骨に影響を齎す病気である事がその大きな理由です。骨の溶解・退化を起こしてしまう事から、歯周病がある場合にはまずは骨の形成術等を行わなければ施術が難しいケースもあります。またインプラント施術を行った後であっても、周辺組織で歯周病が進行するケースもありこれもネックとなります。

とは言え、施術自体が不可能と言う訳では無いので実際に検討を行うのは成功時の利点を考えると悪い事ではありません。実際には施術を行う医師に予め現状を測って貰った上で、慎重に施術方針を決定する事となります。