歯周病内科として

投稿日:2016年7月21日

カテゴリ:スタッフブログ

歯周病は、全身に影響を及ぼすほど、実は大きな病気です。

東京都内にも歯周病治療をする病院はたくさんありますが、歯周内科として専門的な知識と経験が豊富な歯科を選ぶことが重要です。

歯周病の治療は、一般の歯科でも普通に行われています。中には、専門医として行ってる先生も多数存在します。ただし、歯周病を完全に治癒(除菌)する事は非常に困難なので、再発したり、コントロールが上手く行かずに治療がゴールにたどり着かない事が多々あります。

そのため、インプラントを勧める先生の中には、『歯周病の治療は不幸の始まり』(毎月のようにクリーニングやメインテナンスが必要のため)とまで言ってる先生もいるくらいです。
(インプラントのメインテナンスは半年に一回ほど)それで、患者様の状況により歯を抜いてインプラントにするケースもあります。歯周内科の治療は、歯周病原菌の原因菌に着目して、全身を考慮した上で完全な除菌(歯周病の完治)を目指す治療です。原因菌の特定から、除菌に至るまでのプロセスは、約1ヶ月で、完全に除菌する事で 歯周病を完治させます。

これが出来るのが、歯周内科の最も特徴的な事です。

当院ではご自分の口腔内がどのような菌に感染しているかを検査する歯科医院専門の検査キットもご用意しておりますので、まずはご相談ください。