歯周病予防は日々のチェックから

投稿日:2016年7月21日

カテゴリ:スタッフブログ

歯周病で歯を失う日本人の数は、なかなか減りません。

歯周病は、初期から中期くらいまでは痛みなどの自覚症状がほとんど出ないため、気付くのが遅くなり、歯科医院に行った時には症状が進んでしまっている場合が多いのです。

歯肉炎の状態ならば、正しいブラッシングを行なうか、歯科医院で歯のプラークを除去してもらえば、健康な歯茎に戻すことは可能です。

東京都内には、プラーク除去に力を入れてる歯科医院が多いので、歯茎がおかしいと思ったらすぐに歯科医師に診てもらい、早期の治療ならば治療期間も短く費用も抑えられます。
治療が遅れ歯周病になってしまうと根本的な治療が必要になり、時間も費用もかかってしまいます。歯周病の治療は、浅い歯周ポケットの場合は専用の機械を使ってプラークの清掃をしますが、深い歯周ポケットになると歯茎を開けて処置をすることもあります。

歯周病の場合は治療はもちろんのこと、治療後のメンテナンスも非常に大事です。治療後は正しいブラッシングをして歯と歯茎の健康を保ち定期的に歯医者に通って、歯科医師にチェックをしてもらうといいです。

当院も展開している東京都世田谷区は歯周病治療を行っている歯科医院が多いので、事前にどの歯医者に行くかを調べ、正しい歯周病治療を行ってください。