歯周ポケットの清掃

投稿日:2016年7月21日

カテゴリ:スタッフブログ

前回のコラムでPMTCによる口腔内のクリーニングについて掲載しました。
今回はPMTCだけでは除去しきれない歯周ポケット深部のプラークや歯石除去治療について記載します。

歯周ポケット内の清掃はスケーリングとルートプレーニングの2段階で行われます。
PMTCと大きな違いはPMTCは治療ではありませんが、スケーリングとルートプレーニングは治療にあたります。

スケーリング・・・

スケーラーという専用器具を使って歯周ポケット内のプラークや歯石を除去します。
スケーラーには手用・超音波・エアスケーラーなど用途に合わせて使い分けします。
スケーリングとは目に見えている部分や歯周ポケットに溜まっているプラークや歯石を取り除きます。既にご存知な事と思いますが、プラークや歯石に薬は浸透しないので、物理的に除去する必要があります。

ルートプレーニング・・・

スケーリングの後に行う処置です。
ルートプレーニングは歯周病の初期治療では最も重要な処置になります。
スケーリングで取れなかったプラークや歯石の除去を行い、処置後に再び付着しないように歯の表面をツルツルにします。歯周ポケット内の深い部分まで器具を 挿入するため局所麻酔をし、歯の根面(歯の根の表面)に付着した歯石などの物質を取り除く事により、治療後、歯と歯茎がピタッと密着し歯周ポケットが浅く なるというメリットもあります。

こうした歯周ポケット内の徹底清掃を行ったあとにも歯周病が進行(炎症や歯の歯周組織まで破壊)してしまう場合には外科治療を視野に入れたカウンセリングに移ります。

■ 他の記事を読む■