インプラントの治療期間 

投稿日:2016年11月2日

カテゴリ:インプラント

インプラント治療を考えられている方の中に、インプラント治療の期間を聞かれる方がたくさんいらっしゃいます。インプラントの治療は、インプラント体を体の中に埋め込んでから、骨が治癒し、インプラントと一体化するまでに時間を要します。

一体化した後で、歯茎の上に出る土台となるアバットメント・歯の部分の上部構造が入るのが通常の治療の流れとなります。

インプラントと骨が一体化し、骨が治癒するまでの期間は個人差がありますが、下顎で約3〜4か月、上顎で5〜6か月ほどかかると言われてます。

ただ、最近はインプラントの表面に色々工夫がされているため期間はどんどん短く、早く骨と結合するようになってきています。のぶ:デンタルクリニック中町では、埋入する前のインプラントに、UVシャワーという機械に当てて、より骨とくっつくようにしています。

しかし、歯周病や虫歯があれば、その治療期間も必要となってきます。

また、顎の骨の量が少ない場合には骨を増やす処置が必要になったりと、治療期間はケースバイケースとなります。

大体の目安としては数ヶ月から、長い場合では1年以上になることもあります。

のぶデンタル:クリニック中町では治療期間を短くする治療方法(抜歯即時埋入やオールオン4など)などもおこなっておりますので、気軽にご相談ください。

 

■ 他の記事を読む■