インプラントのメリット

投稿日:2016年10月25日

カテゴリ:インプラント

歯周病や外傷などで歯を失ってしまった場合、

大きく3つの処置が選択できます。

それは、部分入れ歯・ブリッジ・インプラントです。

それぞれの処置のメリット・デメリットを比較してみると、

①ブリッジ

メリット→装着しても違和感は少ない

     審美性がよい

     保険適用内での処置が可能

デメリット→支えが必要になるので、健康な歯であっても両隣を削らなければならない

      支えとなる歯に大きな咬む力がかかり、将来歯を失う原因になる

      ポンティック(橋渡しの部分)と歯肉との間に食べかすなどが詰まりやすく不衛生

      空気が漏れ発音しにくくなることもある

②部分入れ歯

メリット→ブリッジではまかなえない大きな欠損に有効

     ブリッジのように両隣の健全な歯を削らなくてよい

     保険適用内での処置が可能

デメリット→バネによる両隣の歯への負担が大きく、咬む力が衰える

      がたつきやすく、取り外して手入れをしたり修正が必要

      違和感が大きい

      食べかすがつまりやすく不衛生

③インプラント

メリット→あごの骨に固定するので違和感なく噛めます、また噛む力を回復することが出来るので

     固いものが噛めるようになる

     両隣の歯に負担がかからない

     天然の歯に近い見た目になる

デメリット→手術を必要とする(保険適用外)

      全身の疾患がある場合出来ないことがある

 

インプラントについて気になる方は、ぜひのぶデンタルクリニック中町まで!