インプラントの歴史

投稿日:2016年10月25日

カテゴリ:インプラント

現在のインプラント治療の礎の発見は偶然によるものでした。

1952年にスウェーデンの学者であるペル・イングヴァール・ヴローネマルク教授は微細血流の研究のため、ウサギの骨にチタン製器具を埋め込んだ実験を行っていました。

image3

 

研究終了後に埋め込んだ器具を取ろうとしたところ、骨としっかり結合し取り出すことができませんでした。

これに気づいたブローネマルク教授は、この現象について研究を進めチタンは身体に対して

有害な作用を及ぼしにくい特性があることがわかりました。

それからインプラント(人工歯根)の素材はチタン製が世界中に広まりました。

のぶデンタルクリニックでは、患者様のお口の状況にあったインプラント

を選ばせて頂く為いくつかのインプラントメーカーを取扱いしております。

※ごく稀にチタンアレルギーを持つ方もいます。不安な方は是非ご相談ください。

■ 他の記事を読む■