銀歯からセラミックへ

投稿日:2016年11月21日

カテゴリ:審美歯科

「銀歯をセラミックにしたい!」と希望される患者様は、のぶ:デンタルクリニックにも多く来院されます。
理由は、見た目が気になる..という方が多いのですが、一言で銀歯と言っても虫歯を削って詰めたものと、神経を取って銀歯を被せているものと2種類あり、単純に被せ変えをすればよいというものではありません。

まず、皆様に知っていただきたいのは、虫歯を削って詰めた銀歯の下がどうなっているかということ。。
ほとんどのケースで虫歯が進行しているため、見た目の問題だけではなく、歯を失わないためにも、まずは銀歯の下の虫歯治療から始めなくてはなりません。

神経を取って銀歯を被せているケースは、歯の根に芯棒が装着されており、歯の根と芯棒の境目から細菌が侵入し、根の先に膿が溜まっていることもあります。場合によっては根幹の消毒が必要なこともあります。根幹がきれいになったらグラスファイバーの芯棒を立てて、そしてセラミックを被せます。そうすることで虫歯にもなりにくく、耐久性もアップします。

セラミックは、歯と完全に接着していれば内部への水分や細菌の侵入防ぐことができ、そして金属アレルギーの心配もなく安心して使用できる体にやさしい素材です。健康のためにも銀歯からセラミックに変えることをお勧めいたします。

のぶ:デンタルクリニックにぜひ一度ご相談ください。

■ 他の記事を読む■