歯肉のピーリングについて

投稿日:2016年11月29日

カテゴリ:ホワイトニング

歯肉の着色は喫煙や受動喫煙など外来色素沈着によりおこります。歯肉の色によるその人の印象は歯の色と同じくらい大切であります。歯のホワイトニングは皆さんの中で広く認知されているのに対して歯肉に対してはご存じない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?当院ではフェノールという薬剤を使用することにより歯肉のピーリング(ガムピピーリング)を行っております。回数については患者様により元々の色みの差や希望する段階があるため差異がありますが人によっては1回の処置で満足を得られる方もいらっしゃいます。処置後1週間は上皮がピーリングされていくため歯肉の辺縁が白い膜がはがれおちているような見た目になるためその間は大事な会食などがない期間に実施するのが良いでしょう。また、処置後1~2日は食事を取る際ものによっては歯肉がしみるような感覚があるため特に刺激のあるようなものはさけていただいております。何よりも大切なことはせっかく希望の色に到達しても日常生活での習慣で後戻りしてしまうことは非常に多いため生活習慣の見直しもその後を保つ重要な事項であると言えます。年末にかけて人と会う機会が多くなる時期ですがホワイトニングやガムピーリングなどご興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

■ 他の記事を読む■