歯の着色予防

投稿日:2016年12月26日

カテゴリ:未分類

いつも歯磨きする時につける歯磨剤、皆さんは何を基準にして購入していますか?

たくさんの種類がありますが、その中でも着色除去、ホワイトニング効果があるものを選択される方が多いと思います。今日は歯磨剤の、歯の着色部分においての予防と除去についてを書きたいと思います。

日常生活における歯の着色の原因として、お茶・コーヒーや赤ワインなどの飲食物や、タバコの煙に含まれる有色成分などが歯に付着すると、経時的に付着が徐々に強固になり、除去しにくくなります。

そのため、歯への着色を防ぐには、有色成分が歯に強固に付着する前に毎日のブラッシングで除去することが重要なのです。

そこで使用するのが歯磨剤です。歯磨剤には様々な効果がありますが、配合されている中で『清掃剤(研磨剤)』は着色予防にもっとも重要です。

歯磨剤が配合されていない液体歯磨きだけを使用したり、歯磨剤を使用しない方ではたとえ毎日ていねいに歯磨きしていたとしても色素沈着してしまいます。

週に1回程度でもいいので清掃剤が配合された歯磨剤を使用することで色素沈着を防ぐ効果があります。

『発泡剤』は、一部の着色の原因物質を溶解しやすくする働きがあります。タバコのヤニが気になる方は、『ポリエチレングリコール』が配合されている歯磨剤がいいと思います。

しかし研磨剤が多く配合されている歯磨剤に関してはあまりおすすめできません。

 

のぶ:デンタルクリニックでは着色が多い方にはブリリアントモアという歯磨剤をおすすめしています。ブリリアントモアは研磨剤で着色を除去するのではなく、清掃助剤『ピロリン酸ナトリウム』が歯の表面からステインを浮き上がらさせ着色を除去します。そのため、歯に傷がつくことがないのです。

定期的にPMTCを受けていただき、歯磨剤を用途に合わせ選択していただくことで、着色のない白いきれいな歯を保っていただければと思います。

着色が気になる方は是非ご相談ください。

 

 

 

■ 他の記事を読む■