バイオブロック ランパ 矯正

投稿日:2016年12月12日

カテゴリ:ランパ、バイオブロック

歯科の矯正治療には、単純に歯並びを綺麗にするための歯列矯正とかみ合わせを理想に近づける三次元の歯列矯正が有ると思います。

前者は骨格に大きな問題がなく叢生も軽度な状態であれば、最近流行のマウスピース型の矯正装置でもそれなりに歯は並びます、またやや叢生が強くても、歯の外側や内側にワイヤーを用いて歯列矯正ができます。どちらの場合でも絶対に4番目の歯は抜くべきではないと思います。

一言にマウスピース矯正と言っても色々な種類が有ります、最近流行の上顎を拡大するタイプは、睡眠時無呼吸症候群の治療の第一選択になるなど一大ブームになりましたが、最近は下火です。それには深い深い訳があるのです。実は単に上顎を左右に拡大していくと、初めのうちはいいのですが進んで行くとだんだん前歯が上に向いてしまいかみ合わせが無くなりオープンバイトになってしまうのです。多くの先生方がこれではまずいとの事で、下火になってしまいましたが、我々はその先を研究しているのです。バイオブロック、ランパ治療では、このようにならないように奥歯そのもの、というより上顎そのものを前上方に骨格ごと矯正するのです、こうなると更に下顎は前方回転が起こり更に前で噛めるようになるのです。これは舌位が上がり気道が開き呼吸が楽になり更には姿勢も綺麗になって行くのです。いびきも簡単に無くなります、これは睡眠時無呼吸の治療に繋がります。

骨格を、本来生体が理想としている形と位置に導いてあげると、生えてくる歯は自然と綺麗に並んで、かみ合わせも整ってくるのです。

このようにして作り上げた歯列は、簡単には後戻りはしないのです。

なるべくなら12歳以下で、早ければ4歳位からバイオブロック、ランパ治療をするのがお勧めです。