キシリトール について

投稿日:2017年1月24日

カテゴリ:虫歯

 

キシリトールが歯に良いとはよく聞きますが

どのように歯にいいかはご存じでしょうか??

 

今回はキシリトールについて紹介していきます。

ガムやタブレットなどの商品名としても使われているキシリトールは、もともとは糖アルコールの一種で、5個の炭素を持つ甘味炭水化物を意味しています。

わずかですが、果物や野菜にもキシリトールは含まれています。

 

むし歯予防に使用するキシリトール量は1日10g程度です。

人に安全な食べもなので安心して、むし歯予防に取り入れてみてください。

キシリトールは虫歯にならない糖でもあり、むし歯を防ぐ効果もあります。

 

☆キシリトールは虫歯の原因にならない

・プラーク(歯垢)のPHを5.7以下に下げない

 PH5.2~5.5以下になると歯のエナメル質は溶けてしまいます。

・虫歯の原因となる酸産生がない

・唾液の分泌を促す

 

☆キシリトールは虫歯の発生を防ぎ、進行を抑えます

・ミュータンス菌が増えるのを防ぎ、むし歯発生の少ない菌の叢にします

・プラークの量を減らし、付着性を減少させます

・脱灰を防ぎ、再石灰化を促進させます

 

この効果を持っている糖キシリトールだけなんです!!

 

 

日ごろのブラッシンングに加えて、

キシリトールのガムやタブレットを食べて虫歯予防をしてみませんか?

 

 

のぶ:デンタルクリニック中町では歯科専売の100%キシリトールガムとタブレットをご用意しておりいます。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

■ 他の記事を読む■