抗生剤・解熱消炎鎮痛剤について

投稿日:2017年1月20日

カテゴリ:未分類

先日は院内勉強会で患者様にお出しする抗生剤・解熱消炎鎮痛剤についての知識を深める勉強会を行いました。抗生剤・解熱消炎鎮痛剤には皆多かれ少なかれ副作用があります。‘薬剤耐性“もあるため‘以前はきいていたのに?”ということもあります。副作用には重篤なものでは命に関わるような物もあります。また、脳梗塞などの既往のある患者様が服用されている抗凝固剤など飲み合わせに注意しなくてはいけない抗生剤や服用の際は飲酒との併飲を気をつけていただくお薬もあります。お薬をお出ししている皆様にお渡ししている‘薬剤情報提供書“はいわゆる‘お薬の説明書”になります。主に用法・容量・効能・注意などを記載しておりますのでお薬を処方された方は是非ご覧になってみてください。当院では抗生剤を処方する際、胃腸への影響を考えて胃腸薬も同時にお渡しさせていただいております。服用薬がある方や持病がおありな方は問診票への記載・申告をお願いしております。飲み合わせなど不安がおありな方は是非歯科医師にお訊ねください。

■ 他の記事を読む■