マウスピース

投稿日:2017年2月1日

カテゴリ:スタッフブログ

当院では、歯ぎしり・食いしばりについての問い合わせを多くいただいております。

とくに就寝時の歯ぎしりや食いしばりは無意識に行われているものなので

自分自身では気づきにくく、意識的に治すのは難しいものです。

そんな就寝時の歯ぎしり・食いしばりを抑える一つの方法として

使用されるのがマウスピースです。

「マウスピース」というとスポーツ選手がつけているのを

イメージされる方もいるかもしれませんが

歯科治療の一環として使用している人も多くなってきています。

マウスピースを使用すると主に次のような効果があります。

 

○歯の擦り減りを軽減

歯ぎしりにより、長時間、歯に負担がかかり続けると、

歯が削れてしまったり、割れてしまうことさえもあります。

マウスピースを入れて、上の歯と下の歯が直接擦れ合うのを防ぐことによって

歯への負担を軽減できます。

○顎の痛みを軽減・顎関節症の予防

歯ぎしりは顎の関節にも大きな負担をかけます。

マウスピースにより顎に加わる力を和らげることによって、

顎の痛みの軽減と顎関節症を予防することにもなります。

○筋肉の緊張を和らげる

歯ぎしりが行われているときには口元や顎の筋肉が緊張して、

とても硬くなっています。

マウスピースを使用することにより、歯に力が入らなくなるので

筋肉の緊張も和らげることができます。

 

マウスピースは市販のものもありますが、

やはり歯科医院で作ることをお勧めします。

一人ひとり歯の型どりをして、着け心地なども確認していただき、

ご自身にぴったりのマウスピースをお作りしています。

歯ぎしりや食いしばりにお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

■ 他の記事を読む■