白い歯のために

投稿日:2017年4月27日

カテゴリ:セルフケア

歯の黄ばみの原因は、さまざまです。
例えば、外部からの影響としては、食品やタバコによる着色、歯石の付着による着色などがあり、
内部からの影響としては、歯の内部が虫歯になっている、加齢による象牙質の着色などがあります。

外部からの要因については生活習慣を少し見直すだけでも改善させることができます。

喫煙者はタバコを控えてみてください。タバコの成分であるニコチンやタールが、歯の黄ばみを作るので、とくにヘビースモーカーの人は黄ばみが定着しています。

また、歯の黄ばみが起きやすい食生活を変えてみるのも有効です。
お茶(緑茶・紅茶)、コーヒー、ワインなど、黄ばみが起こりやすい食品を避ける、あるいは食べた後に歯を磨いたり口をゆすぐなどケアを心がけてみてください。

正しい歯磨きをするのも大切です。歯の磨き残しにより歯石がついてしまうのも良くありませんが、実は磨きすぎもよくありません。磨きすぎると歯の表面が必要以上に削れてしまい、着色が付きやすい原因となってしまいます。

歯の黄ばみは、時間を追うごとに悪化して取りづらくなります。
歯を白く保つためにも、普段からのこまめなセルフケアが大切になります。