再治療を防ぐために

投稿日:2017年5月12日

カテゴリ:審美歯科

当院ではセラミックの詰め物やかぶせ物をつける際、審美性や物性に優れたセメントを使用しております。セメントの種類は“レジンセメント”という歯質に高い接着性を持つものです。保険内で金属の詰め物やかぶせ物をつけた場合、経年的劣化や不適合により再度金属の下で虫歯(二次カリエス)になる可能性がありますがセッラミックとレジンセメントと歯質の接着の場合、高い接着力でこのようなリスクを軽減することが可能になります。

二次カリエスを繰り返すとやがて歯はひ薄になり神経を取るリスクもあがります。できれば一度治療した歯の再治療はしないですむようにしたいものです。しかしセラミックにも唯一弱点がありましてそれはかみ合わせによってはセラミック本体が割れる可能性があるということです。この場合綿密なかみ合わせ調整やジルコニアなどのさらに強度的に優れた素材を選択することで改善することができます。患者様のなかにはセラミックやジルコニアというと審美的な要素のみ優れているという認識を持たれている方もいらっしゃると思いますが実はそれ以外にも強度や接着による二次カリエスの予防など素晴らしい要素が含まれています。かみ合わせや治療部位により最適応も異なってまいりますのでご興味がおありな方は是非ご相談ください。