失った歯の治療法

投稿日:2017年6月3日

カテゴリ:インプラント

歯を失ってしまった場合の治療法としては、
ブリッジ・入れ歯・インプラントという3つの方法があります。

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を削り、それを土台として橋を架けるように三本連結した人工の歯を被せる方法です。
保険診療の適応範囲内でも治療ができますので費用の負担は少なくて済みますが、ブリッジは欠損歯を補うために、健康な両隣の歯を削り、大きな負担をかける点がデメリットです。

部分入れ歯は、両隣の歯に金属のバネを引っ掛けて義歯を固定させる方法です。入れ歯も保険診療が効くため、費用の負担が少なくて済みますし、ブリッジのように健康な歯を削る必要もありません。
ただ、違和感を感じる人も多く、入れ歯もバネをかけている周りの歯に大きな負担をかける事もデメリットとなります。また、長年にわたって入れ歯を入れていると、顎の形態の変化に応じて修理や作り変えを
定期的に行う必要もでてきます。

インプラントは、歯を失った箇所にチタンでできた人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯をかぶせる方法です。周囲の歯に負担をかけずに、天然歯のように自然な歯を手にすることができます。また、しっかりと顎の骨に固定されるため、天然歯と変わらない感覚で噛むことも可能になります。
ただ、インプラントは保険適用外で外科手術も必要な治療のため、治療費が高額になります。手術を受けてからインプラントが骨としっかり結合して定着するまで約3か月~6か月ほどかかるため他の治療にくらべて長い治療期間が必要になります。

それぞれのメリット・デメリットを比較し、ご自身にあった治療法を選んでください。