歯周病とインプラント治療

投稿日:2017年8月2日

カテゴリ:インプラント

こんばんは。今日は少し涼しいですね。毎年、夏休み前の駆け込みの方の来院が増える時期ですが、日によっては、まだご予約をお取りすることが可能ですので、お気軽にお問合せください。

先日、私の友人がインプラントカウンセリングに来院しまして、口腔内をいろいろと検査をしましたところ、インプラント治療を行う前に歯周病の治療を先に行うことになりました。インプラント治療と歯周病治療と同時にできないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、失った歯のことだけを考えてインプラント治療をすすめても残念ながら良い結果につながらないケースが多いのです。口腔内全体をみて判断することはとても大切。例えば、失った歯の原因が歯周病であれば他の歯も同じようなことが起こる可能性が高くなります。歯周病は歯を支えている骨を溶かしてしまう病気ですから、インプラントを支える骨と結合しにくい状態であること、そしてもし結合できたとしても、歯周病菌が口腔内に多くいるということは、危険な状態であることに変わりはありません。 

友人はまず、口腔内の歯周病菌を無くすため、歯周内科プログラムを受けることを決めました。歯科の治療は先生任せではなく、自宅に帰ってからの本人の頑張りも大切です。歯周病は移る病気、家族のためにも頑張りたいと言っていました。歯周病治療が今後のより良いインプラント治療にもつながってくるのです。

 

■ 他の記事を読む■