矯正と身体の関係

投稿日:2017年8月23日

カテゴリ:ランパ、バイオブロック 未分類

みなさん、普段の生活で呼吸を意識されたことはありますか?呼吸には鼻呼吸と口呼吸があります。鼻呼吸は空気中のウイルスなどを副鼻腔の粘液でとらえて、湿った空気として肺に送りこまれます。一方、口呼吸は乾いた空気のままウイルスとともに肺に送られてしまいます。そのため、口呼吸をしている人は喘息や肺炎になりやすくなります。また、口呼吸していると鼻を使わなくなるので鼻の機能が低下してしまうのです。ここまでは一般的にも知られていますが、その他にも鼻呼吸と口呼吸は違いがあります。鼻呼吸をしている人は深い腹式呼吸が行えていて必然的に姿勢が正しくなっていきます。それによって内臓の位置も正しくなり正常な動きができます。股関節の位置も正しい位置になることで関節などへの負担が減ります。そして、深い呼吸によって酸素がたくさん体内に取り込まれ副交感神経が優位になるのでリラックスし集中力が高まります。口呼吸の人は姿勢が悪く猫背になりがちなので肺などが圧迫され呼吸が浅くなります。それによって十分な酸素が体に取り込まれないので免疫力も低下してしまうのです。この鼻呼吸と口呼吸が歯科にどのように関わっているのかというと歯並びや舌の位置、顎骨の位置に関係するのです!
のぶデンタルクリニックでは最新の矯正システムで歯並びだけを綺麗にするのではなく体も健康になるような治療をすすめております。