歯の予防

投稿日:2017年8月30日

カテゴリ:セルフケア 未分類

虫歯の予防といえば、まず歯磨きを思い浮かべる人は多いでしょう。ところが最近は、通常の歯磨きだけでは完全に虫歯を防ぐことができないことが分ってきました。「毎日しっかり歯磨きをしています」という人の中にも、磨き残しのある人は意外と多く、それが虫歯の原因の一つとなっているのです。

虫歯は子供にできやすいのはもちろんですが、大人の歯を失う原因としても歯周病よりも割合は高いという調査結果が出ています。

虫歯が出来る原因は、磨き残しの他に個人の歯の質にもよります。

どうすれば虫歯を防ぐことはできるのか効果的な3つの予防方法を紹介します。

1.砂糖を含む食品の摂取頻度の制限

虫歯菌が栄養分として糖を分解する際に出す酸が、歯を溶かすことが虫歯の原因となります。実はその際、私たちの唾液は、酸性になった口の中を中性に近づけようとするほか、唾液に含まれるカルシウムやリン酸で溶けた歯を再石灰化し、修復してくれています。私たちのカラダには歯を虫歯から守る素晴らしいシステムがありますが、糖を頻繁に摂取してしまうと、再石灰化のサイクルが間に合わずに、どんどん歯が溶け続けて虫歯になってしまいます。そのため、虫歯を防ぐためには、糖を含む食べ物を摂る頻度を減らすことが必要とされます。

2.フッ化物を利用した歯磨きによるセルフケア

セルフケアで虫歯を効果的に予防するためには、歯ブラシのほかに歯ブラシでは届かない歯と歯の隙間の歯垢除去に有効なのが、デンタルフロスです。歯と歯の間の細かな部分の歯垢を除去するデンタルフロスに対して、歯と歯の間が大きく空いている場合は歯間ブラシを使用します。虫歯に対する抵抗性を高める働きがあるフッ化物配合の歯磨剤を使用することもオススメします。

3.シーラントやクリーニングによるプロフェッショナルケア

セルフケアでは完全とはいえない虫歯予防を補ってくれるのが、歯科医によるプロフェッショナルケアです。専門的な口腔ケアにより、歯磨きの際の磨き残し等による虫歯の進行を防ぎます。

奥歯の磨き残しによる子供の虫歯を防ぐのがシーラントです。奥歯の溝の部分をプラスチックでコーティングして虫歯を予防するほか、フッ素物により再石灰化を促進します。

普段の歯磨きでは落としきれない汚れを除去するのが、PMTCです。専用の器具を使ってクリーニングを行うので、歯の表面の着色汚れはもちろん、虫歯菌の棲みかとなるバイオフィルムもスッキリ落としてくれます。

これらの予防方法で虫歯のない健康な歯を保ち作りましょう!!

お気軽にお問い合わせお待ちしております。

 

 

■ 他の記事を読む■