子供のマウスピース矯正

お子さまの将来を見据えた小児矯正治療

お子さまの将来を考えた小児矯正治療

小さなお子さまを持つ親御さんの中には、お子さまが成長した際の歯並びや咬み合わせについて不安に思っている方も多いと思います。大人になってからでも矯正治療は行なえますが、お子さまの将来を考えると、できるだけ早い段階から、矯正治療を行うことが理想です。

適切なタイミングで小児矯正を始めることによって、より理想的な治療を行うことができます。

小児矯正の【1期治療】【2期治療】について

小児矯正は【1期治療】と【2期治療】の2段階で歯並び・咬み合わせを整えていきます。

【1期治療(乳歯列期・混合歯列期)】
顎が小さかったり、上下の顎骨のバランスが悪いと、永久歯が正しい位置に生えず、結果的に歯並びや咬み合わせが悪くなってしまいます。1期治療は子供の成長を利用して顎を拡げながら、上下の顎骨のバランスを調整し、永久歯が綺麗に並ぶように土台を整えることが目的となります。

【2期治療】
2期治療は、永久歯が生え変わってから行う本格的な矯正治療です。歯を一つひとつ計画通りの位置へ動かし、理想の歯並び・咬み合わせへと改善していきます。

小児矯正【1期治療】【2期治療】をセットで行うことによって、様々なメリットを得ることができます。

小児矯正治療によって得られるメリット

適切なタイミングで小児矯正を行うことで、下記のような様々なメリットがあります。

①負担が少なく顎骨の拡大ができる

成長過程にある子供は、骨が柔らかく、さらに体の成長を利用しながら顎骨の拡大ができるため、体への負担を少なくできる。

②健康な歯を抜かずに矯正治療ができる可能性が高い

1期治療で顎骨を拡大し、永久歯が生え変わる十分なスペースを確保することができるため、健康な歯を抜かずに矯正治療ができる可能性が高くなります。

③成人矯正を行わずに済む可能性が高い

小児矯正によって顎骨の拡大や歯並びの改善が見込めるため、大人になってから矯正治療が必要となる可能性が低くなります。また、成人矯正が必要となった場合でも、基盤が整っているため、短い期間で治療が完了する可能性が高くなります。

④歯並びの悪さをコンプレックス感じることがなくなる

歯並びの悪さをコンプレックスに感じ、人前で笑えなくなったり、内向的な性格になったりする方も少なくありません。小児矯正を行い、早い段階でコンプレックスを解消することで、笑顔に自信が持てポジティブな性格になれます。

⑤虫歯や歯周病になりにくくなる

歯並びを改善すると、歯磨きがしやすくなるため、虫歯や歯周病になりにくくなります。

⑥消化器官(胃腸など)への負担が軽減できる

歯並び・咬み合わせを整えることによって、しっかりと物が噛めるようになります。そのため、消化器官(胃腸など)への負担が軽減できます。

目立たない・取り外せる子供のマウスピース矯正

子供のマウスピース矯正"

のぶ:デンタルクリニック中町では、目立たない・取り外せる子供のマウスピース型矯正装置「インビザラインファースト」「インビザラインティーン」による快適な矯正治療をおすすめしております。矯正装置の見た目が気になる方や固定式の矯正装置に抵抗がある方など、まずはお気軽にご相談ください。

インビザラインファーストとは?

インビザラインファーストインビザラインファーストとは、乳歯と永久歯が混在する混合歯列期の子供向けに開発されたマウスピース型矯正装置です。

インビザラインファーストは、通常の小児矯正同様に永久歯が綺麗に生え揃うための顎の拡大はもちろん、同時に一つひとつの歯を動かすことによって、歯並びも整えることが可能です。

顎の拡大と歯並びの改善を並行して行うことができるため、治療期間の短縮なども期待できます。

※【第1期治療】未就学児~小学生(5歳~12歳前後)の子供が対象となります。

インビザラインティーンとは?

インビザラインティーンインビザラインティーンとは、10代前半から中盤までの子供向けに開発されたマウスピース型矯正装置です。

インビザラインティーンは、成長過程にある10代の歯の生え変わり、顎の発育など、口腔内環境の大きな変化にも対応することができるため、無理なく快適な矯正治療が可能となります。

インビザラインティーンの最大の特徴は、永久歯が完全に生え揃っていない状態であっても、適切な矯正治療が行えることです。

さらに、装着時間が確認できるインジケータの設置をはじめ、これから生える歯の過剰萌出を防ぐ「萌出タブ」や生えている途中の永久歯の「萌出スペース」を設定することができるなど、計画どおりに治療を進めるための様々な工夫がなされています。

※【第2期治療】小学校高学年~中学生位(11歳~16歳前後)の子供が対象となります。

インビザラインファースト(ティーン)の特徴

  • 透明で目立たない

    透明で目立たないマウスピースは透明で目立たない素材です。装着時もほとんど気づかれることはないため、周囲の目を気にすることなく治療が可能です。

  • 口腔内を清潔に保てる

    虫歯リスクを軽減できるマウスピース型の矯正装置は、簡単に取り外すことができます。食事や歯磨きも通常通り行えるため、口腔内を清潔に保つことができます。

  • ケガのリスクが低い

    ケガのリスクが低いマウスピースは薄型で滑らかな素材で設計されています。そのため、転倒や衝突の際も矯正装置によって、口腔内を損傷する可能性が低いです。

  • 通院回数が少ない

    通院回数が少ないマウスピースの交換は2週間を目安に患者さま自身で行っていただきます。そのため、歯科医院への通院も1.5~3ヵ月に一度と少なくなります。

インビザラインファースト(ティーン)による矯正治療の注意点(※一例)

  • マウスピースは1日20時間以上の装着が必要となります。取り外しができるからと言って、長い時間装置を外していると、計画通りに歯が動かず、治療期間が延びたり、治療結果に影響がでたりする可能性があります。
  • インビザラインファースト(ティーン)は、骨格や歯の状態によっては治療が行えないケースもあります。
  • 矯正治療中に虫歯ができた場合には、歯を削ることになるため、場合によってはマウスピースを再作製する可能性があります。
  • 装置に慣れるまでは、発音がしにくかったり、異物感を強く感じたりする場合があります。など。

口腔内スキャナー(iTero エレメント5Dプラス)について

3D光学スキャナー (iTero エレメント5D)のぶ:デンタルクリニック中町では、口腔内スキャナー(iTero エレメント5Dプラス)を完備しております。

マウスピースの型取りについては、粘度のような材料を使用せず、口腔内スキャナーでお口を撮影するだけでOKですので、嘔吐反射が強い方も不快な思いをすることなく、快適な処置が可能となります。

さらに、口腔内スキャナー(iTero エレメント5Dプラス)には、近赤外線光画像(NIRI)による隣接面の虫歯検知機能が搭載されています。見落としがちな虫歯の早期発見・早期治療が可能となり、矯正治療前にお口の状態をしっかりと整えることができます。

インビザライン・ファースト (ティーン)の治療手順

  •  ①カウンセリング

    カウンセリングカウンセリングを行い、歯並びのチェックをはじめ、インビザライン・ファースト (ティーン)での治療について詳しくご説明いたします。

  •  ②精密検査

    精密検査適切な矯正治療をご提案するため、レントゲン撮影・3D光学スキャナーを利用してお子さまの精密な口腔内データを採取します。

  •  ③治療計画の立案

    治療計画の立案採取した口腔内データを基に、専用ソフトによるシミュレーションを行い、適切な治療計画を立案いたします。治療計画、費用、期間などをお伝えし、納得いただけましたら、マウスピース型矯正装置を発注します。

  •  ④マウスピース矯正の開始

    マウスピース矯正の開始完成したマウスピース型矯正装置「インビザライン・ファースト (ティーン)」を実際にお口に装着し、矯正治療の開始です。1日20時間以上装着し、2週間を目安に新しいマウスピースに交換しながら、計画通りの位置へ歯を少しずつ動かしていきます。

  •  ⑤保定期間

    保定期間歯並びが改善された後は、歯の後戻りを防止するため、保定装置(リテーナー)を装着して歯の位置を安定させます。

  •  ⑥メンテナンス

    メンテナンス保定期間が終了した後は、定期的にメンテナンスを実施し、お口の健康維持に取り組みます。口腔内を清潔に保ち、虫歯・歯周病を予防します。

世田谷区中町で子供のマウスピース矯正治療をご希望の方へ

子供のマウスピース矯正

のぶ:デンタルクリニック中町では、目立たない・取り外しができる子供のマウスピース型矯正装置「インビラインファースト」「インビラインティーン」を用いた小児矯正治療を実施しております。一般的なワイヤー矯正装置など、見た目が気になる方も周囲の目を気にすることなく、快適な矯正治療が行えます。世田谷区中町で子供のマウスピース矯正をご希望の方は、ぜひ一度当院にご相談ください。