スタッフ紹介

院長 岡 恭平 -Kyohei Oka-

岡 恭平

私の家系は代々歯科医師であり、私はその4代目にあたります。幼い頃より祖父と父の歯科医師としての背中を追いながら幼少期を過ごし、漠然と『歯科医師となって虫歯を治したり、入れ歯を作るのが将来の仕事になるのだろう』と思いながら育ちました。

そして進学後、私の歯科医師としての人生は2014年から始まり、歯科医師として自分の目標を探す旅も始まったのです。

院長紹介2014年4月より、日本歯科大学附属病院にて研修をはじめました。

その当時から高齢者の人口増加の問題や何より自分の大事な家族にも介護が必要な祖父祖母が居た為に訪問歯科診療の分野に興味をもち、その分野の見聞を深めるべく前歯科医院にて訪問歯科診療に携わっていました。

はじめは先輩ドクターと同伴して、訪問診療の目的やノウハウを学ばせていただきました。しばらくして徐々に処置の依頼を請け負うことになり、最終的には老人ホーム施設の利用者様全員の治療を担当したりするなど、やりがいも感じていました。

具体的には利用者様の口腔内のケア、治療、嚥下訓練や嚥下評価などを実施していましたが、そのなかでもよくあるケースとして、入れ歯を使わなくなっていた方や入居に伴い入れ歯がほしい方に新しい入れ歯を作ることでした。

院長紹介その中で、すんなり慣れて使えた方は、義歯使用前より食事形態が改善していき常食(刻みなどがない普通の食事)になり、痩せていたのがみるみる体重が増加していき血色が良くなっていったのを覚えています。

その一方で、噛み合わせや適合に問題はない筈なのに使えない・苦しい、と使い物にならない方もいらっしゃいました。そうなると、せっかく苦労して作ったのに…と残念がられてしまい、とても心苦しい思いをしたのを覚えています。

私の入れ歯を作るのが下手なのか、他の原因があるのか、答えは分からずにいました。

しかし、とある御縁で医療法人社団歯整会理事長 小原澤先生と出会い、その答えは「噛み合わせ・顎の位置」にあると知ったのです。さらに、噛み合わせや顎の位置に真にアプローチ出来るのは顎骨が成長する小児期のみという事実があったのです。自分でも驚きました。生まれてから最初の十数年で起こる顎の成長が、寝たきりになる年の食事に影響を与えるという事実が衝撃でした。

院長紹介研修医の時に私は、患者様の一生涯を通して健康な口で暮らして頂けるお手伝いをしたいと考えていました。だから、訪問診療でお口の中にトラブルがある高齢の方の力になろうと考えていました。

しかし、小原澤先生との出会いにより、そのアプローチの仕方の他に「問題の源流」に直接アプローチをする方法も知りました。

その時から、より適切な歯科治療をご提供するためには様々なアプローチ方法を知っておかねば、と思うようになったのです。

そしてのぶ:デンタルクリニックには、小児期の成長発育を正しい方向に導くノウハウがあると知り、その分野をもっと知りたいという思いから、私はのぶ:デンタルクリニックの門戸を叩きました。

のぶ:デンタルクリニックには、トラブルを根本から見つめ直す姿勢だけでなく、ひとつひとつの治療を取っても、こだわりが随所にあります。また、そういった問題を根本的に解決しようと、患者様の為に何が出来るかを常に考え、細かいところにまで目を配り、日々研鑽を重ねる熱い心を持つ先生方に非常に尊敬の念を感じています。

院長紹介我々には理念が3つあります。 まず第一の理念である「きちんと治療 きちんと予防」に基づき、最新の器具器材と技術を積極的に導入し、患者様に最良最高の治療を提供できるよう日々研鑽を重ねております。

そのために、単に治療するだけでなく患者様とじっくりお話させて頂き、「なぜ治療が必要になったのか?」「再治療を回避する為に、どういったケアが必要なのか?」といった、病気の根本原因や治療計画を丁寧にご説明し、きちんとご理解いただくことを心がけています。

皆さんも御存知の通り、人の口の中はとても繊細です。たった髪の毛が一本入っただけでその違和感はとてつもないものです。

そのため、我々の手や器具がお口の中に入る治療時には、不安があったままではその恐怖も大きいと考えております。だからこそ、痛みや悩みを抱えて当院にいらしてくださった際にはそれらを解消し、安心して治療を受けていただけるように意識しております。

勿論、保険診療のみでは保存が望めないケースでも、自費診療ならば保存が可能になる場合もあります。保険診療の枠を超えて、きちんとした治療を提供する準備が我々にはあります。

院長紹介第二の理念として「未来を背負って立つ小児の健全な成長発育をサポートする」ことを掲げています。

先述したとおり、これは成長発育の盛んな小児期に顔面頭蓋の成長を正しい方向に導き、正しい呼吸や姿勢を獲得することによって、心身共に理想的な発育ができるようにするということです。

そして理想的な発育へと導くことで、人生をともにする歯を含む顎の機能の保全にも繋がります。

呼吸環境が悪化すると、それをカバーしようと顎を動かして気道を広げようとします。その過程で姿勢が悪くなったり歯ぎしりが生じます。

院長紹介歯ぎしりや食いしばりで歯に過大な力が加わることで細かいヒビが表面に入ってしまいます。それがきっかけで図らずも虫歯のリスクを高めてしまいます。

「歯を磨いているのになぜ虫歯になってしまうんだろう?」のメカニズムはここにあります。

子供の成長はあっという間です。ですがその期間に正しい成長をお手伝いして上げることで、その子が大人になった時、さらに年を取っておじいちゃん・おばあちゃんになってからの健康をより良いものに出来るのならば、それは親から子供に贈れる大事なプレゼントだと胸を張って言えるでしょう。

院長紹介最後の理念に「歯科医療を通じて全身の健康にアプローチする」ことを掲げています。これは、歯科治療は口腔内にとどまるものではないということです。

例えば、呼吸環境や姿勢が大きく嚙み合わせに影響を及ぼします。逆に、全身の健康状態が不良であれば口腔内の疾患も重篤なものになりやすいので、その面からのアプローチも欠かしません。

「自然で健康な歯」と「美しい口元」はあなたを心身ともに健やかにします。

 世田谷区中町にてワンランク上の歯科治療をお望みでしたら、是非医療法人社団 歯整会 のぶ:デンタルクリニックへお気軽にお越しください。

略歴

2014年 日本歯科大学生命歯学部 卒業
2015年 歯科医師臨床研修 終了
2015年 他院にて常勤歯科医師として勤務
2019年 医療法人社団歯整会 のぶ:デンタルクリニック中町 院長

所属団体

  • 日本口腔インプラント学会 専門医

歯内療法指導医・専門医 中川 寛一 -Kanichi Nakagawa-

小原澤 友伸

略歴

昭和48年03月 山口県立豊浦高等学校 卒業
昭和48年04月 東京歯科大学 入学
昭和54年03月 東京歯科大学 卒業
昭和54年04月 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科保存学専攻)入学
昭和58年09月 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科保存学専攻)修了
昭和58年09月 歯学博士の学位受領(東京歯科大学)
昭和58年10月 東京歯科大学歯科保存学第一講座 助手
昭和60年10月 東京歯科大学歯科保存学第一講座 講師
昭和60年10月 東京歯科大学大学院歯学研究科指導教員
昭和62年01月 新潟大学歯学部口腔解剖学講座
昭和63年09月 中華民国・台北医学院牙科にて 無機生体材料に関する講義と研究指導
平成02年03月 東京歯科大学退職 山口県下関市にて開業
平成02年04月 東京歯科大学非常勤講師(歯科保存学第一講座)
平成03年06月 タイ・チェンマイ大学歯学部にて 歯内療法学講義および研究指導
平成04年05月 インドネシア・ジャカルタ歯科医師会にて講義・実習
平成04年12月 米国・サンディエゴ Pacific Endodontic Research Foundation
平成06年04月 東京歯科大学歯科保存学第一講座 講師
平成09年05月 フランス・リヨン大学歯内療法学講座およびトゥル-ズ大学歯内療法学講座にて新型レ-ザ-(YAP)の研究
平成10年01月 フランス・トゥル-ズ大学歯内療法学講座にて 新型レ-ザ-(YAP)の研究
平成12年04月 フィリッピンセブ島にてDentply Asia主催 オピニオンリ-ダ-プログラムコメンテ-タ-
平成12年07月 米国・サンタバ-バラ Dental Education Laboratory
平成14年04月 東京歯科大学教授 歯科保存学第一講座 主任
平成14年04月 東京歯科大学歯科衛生士専門学校正 講師
平成16年06月 東京歯科大学千葉病院副院長
平成18年04月 東京歯科大学千葉病院 医療安全管理室室長 同 感染防止対策委員会委員長
平成23年10月 東京歯科大学退職
平成26年04月 神奈川歯科大学歯髄生物学講座客員教授
令和1年 歯内療法専門医の活動拠点としてMicroPex Endodonticsを設立
令和2年 MicroPex Endodonticsとしてフリーランスにて診療活動開始
現在に至る

資格・免許等

昭和54年05月 第65回歯科医師国家試験
昭和54年06月 歯科医籍登録 第77269号
平成04年03月 日本歯科保存学会指導医・認定医(第270号)
平成05年01月 日本口腔インプラント学会認定医(第167号)
平成10年04月 日本口腔インプラント学会指導医(第107号)
平成14年08月 外国人臨床修練指導歯科医認定(第351号)
平成22年01月 日本顕微鏡歯科学会認定指導医(第1号)
平成22年11月 日本歯内療法学会指導医(第91号)
平成23年12月 日本口腔顔面痛学会指導医(第7号)同専門医

理事長 小原澤 友伸 -Tomonobu Koharazawa-

小原澤 友伸

近年、歯科治療技術は飛躍的に進歩しています。私たちは、常に新しい歯科治療技術・機器・素材を積極的に取り入れ、一人ひとりの患者様に最良の治療を提供できるよう、日々努力を重ねています。

一方で、単に治療するだけではなく、患者様とじっくりお話しするなかで、「なぜ治療しなければならなくなったのか?」「繰り返さないために、生活のなかでどういったケアが必要なのか?」 といった、病気の根本原因や治療計画を丁寧にご説明し、きちんとご理解いただくことを心がけています。

「自然で健康な歯」と「美しい口元」は、あなたを心身ともに健やかにします。ワンランク上の歯科治療をお望みでしたら、ぜひ「医療法人社団:歯整会監修医院」へお気軽にお越しください。

略歴

1994年 日本歯科大学新潟歯学部 卒業/修了
1994年 東京医科歯科大学 総合診療科入局
2002年 医療法人社団歯整会 のぶ:デンタルクリニック開業

所属団体

顧問弁護士 小畑 真(東京弁護士会所属)

顧問弁護士 小畑 真

 

略歴

1994年 北海道大学歯学部 卒業
1994年 医療法人仁友会 日之出歯科真駒内診療所 勤務
2007年 北海道大学大学院歯学研究科博士課程 修了(歯学博士)
2010年 北海道大学法科大学院 修了(法務博士)
2011年 司法試験合格 平成24年弁護士登録(札幌弁護士会 米屋・林法律事務所)
2014年 小畑法律事務所 開所
2016年 弁護士法人 小畑法律事務所 設立

主な所属・役職

  • 北海道大学歯学部 非常勤講師
  • 北海道医療大学 客員教授
  • 北海道歯科衛生士専門学校 非常勤講師
  • 吉田学園医療歯科専門学校 非常勤講師
  • 札幌医学技術福祉歯科専門学校 非常勤講師
  • 厚生労働科学研究 分担研究者
  • 北海道大学歯学部同窓会札幌支部 理事
  • 国際歯科学士会(ICD)日本部会 フェロー
  • 日本アンチエイジング歯科学会 認定医
  • 日本歯科東洋医学会 倫理委員会 委員
  • 日本医療管理学会 会員

のぶ:デンタルクリニックが取材されたメディアをご紹介

これまで当院が取材されたメディアをご紹介させていただきます。各メディアの画像をクリックいただくことで、その原稿までご覧いただけます。当院の熱い想いが掲載されておりますので、ぜひクリックしてご覧ください。

  • 別冊家庭画報ときめき2016春号

  • VOCE1月号

  • あなたに合った歯医者さん2016(日経MOOK)

  • 東京ドクター2016

  • 美的12月号

  • 頼れるドクター 田園都市版2015-2016

  • CLINIC BAMBOO12月号

  • いい歯医者2015

  • 頼れるドクター田園都市版2014-2015

  • CLINIC BAMBOO7 月号

  • よくわかる歯科治療2015

  • 歯科最前線2015

  • 東京 My Best Doctor

  • いい歯医者2014

  • すこやか2012冬号

監修

日経ヘルス 2017年8月号日経ヘルス 2017年8月号
P103(ストレス筋マッサージ ~エラ張り、ほうれい線、頬のたるみストップ!老け見えの原因は無意識の食いしばりにあった~の頁内)

発行:日経BPマーケティング
監修:小原澤友伸

詳しくはこちらからご覧ください>>

顔のストレス筋ほぐし顔のストレス筋ほぐし
~あなたの顔がデカイのはストレスが原因でした~

発行:主婦の友インフォス
発売元:主婦の友社
監修:小原澤友伸

詳しくはこちらからご覧ください>>