予防歯科・歯周病(歯周内科)

薬で治療できる最新歯周病治療「歯周内科」(歯周病を短期で治す)

歯周内科

歯周病が軽い場合はクリーニングで完治できますが、重い場合は治療に時間がかかります。そのため通院する回数も増え、さらに治療期間も1年以上になる場合があります。そのような重い歯周病に対して、当院が提供している最新歯周病治療法である歯周内科治療を解説します。

歯周病は細菌感染が原因!歯垢の塊には1億以上のカビ菌(カンジタ菌)が!

カンジタ菌「歯磨きで歯垢を除去する」、これは多くの方たちが毎日行っていることでしょう。しかしこの歯磨きだけでは、すべての歯垢は落とせません。ある程度の歯垢は落ちても、細菌の固まりであるバイオフィルムの除去は難しいのです。

バイオフィルムというのは、プラーク、要するに歯垢の固まりが進行してネバネバした状態を言います。これが石灰化して歯石に変わります。バイオフィルムには、カビ菌(カンジタ菌)、らせん菌、また多くの細菌があり、この細菌によって歯茎が炎症を起こすのです。

従来の歯周病治療では、原因菌の除去は困難だった

歯周病菌の除去細菌を完全に除去するには、歯石除去では足りません。患者様の抵抗力など多くのことが関係してきますので、重い歯周病の完治には時間が必要なのです。

また歯石を除去できても、口の中全体にある細菌の除去は難しいのです。そのため、「歯周病治療がなかなか終了しない」、「治療をしても悪化していく」、などのケースも少なくありませんでした。

これが、「重度の歯周病治療には非常に時間がかかり、なかなか治らない」と言われる原因です。

最新の歯周病治療「歯周内科」の登場で、原因菌の除去率が大幅に上昇!

歯周内科による歯周病菌除去

今までは患者様に大きな負担が出ていましたが、最新歯周病治療法である「歯周内科」が登場してから原因菌の除去率が大幅に上昇し、完治する患者様が飛躍的に増えました。歯周内科というのは、歯周病の原因である細菌の数や種類を確認し、それらに効果がある内服薬および歯磨き粉を使用しながら治療を行います。

歯周内科治療の流れ

歯周内科治療の流れ最初に患者様の歯肉上の唾液を採取し、位相差顕微鏡と呼ばれる顕微鏡を使って虫歯や歯周病原因菌を確認、その後さらにDNA検査を行い、菌の数や種類を特定します。

数や種類が特定されれば細菌を除去する飲み薬と、細菌除去効果のある歯磨き粉を提供します。それらを使用して自宅でケアを行います。また同時に、歯科医院で行う従来の歯周病治療(スケーリング、ルートプレーニング、外科処置等)も実施します。

内面、外面療法からのアプローチで完治を目指します。

一般的な歯周病治療方法

スケーリング(軽度歯周病の方を対象にしています)

スケーリング軽い歯周病(歯肉炎・歯周炎)と言います。この場合歯茎が炎症することが多く、歯を磨く時に出血の症状が出ます。歯茎の溝が浅く、また歯石が見えるところがありますので、スケーリングによって歯石を除去します。

のぶ:デンタルクリニック中町のスケーリングは予防処置のプロフェッショナルである歯科衛生士が超音波スケーラーとハンドスケーラーを使い分けて丁寧に行なっております。

 

  • 超音波スケーラー

    超音波スケーラー超音波スケーラーは超音波の力を用いたものです。歯の広い範囲に付いた歯垢や歯石を、短い時間で除去できます。しかし細かい部分は取り除けないことがあります。

  • ハンドスケーラー

    ハンドスケーラー手動のスケーラーです。1本1本きれいに歯の汚れを除去できます。時間と手間はかかりますが、ハンドスケーラーであれば細かい箇所にある歯垢や歯石もきれいに除去できます。

ルートプレーニング(中等度歯周病の方を対象にしています)

ルートプレーニング中等度である歯周病は、歯を支えている骨が溶けることで歯茎の溝が深くなります。その結果歯茎で隠れ、そこに歯石が付着します。その箇所にある歯石をスケーラーによって除去します。

またざらざらした表面がきれいになることで、汚れが再び付くのを防止します。この場合痛みがあれば麻酔を行います。

歯周外科手術(重度歯周病の方を対象にしています)

歯周外科重い歯周病の場合、歯茎の歯周ポケットが深くなり手動での歯石除去は困難になります。そのため麻酔下で歯茎を切開して、歯根が見える状態の元で歯石を落としてきれいにします。また場合によっては、失われた歯肉周囲組織を再生する歯周再生療法(エムドゲイン)を行うこともあります。

80%の日本人が歯周病と言う事実を知っていますか?

歯周病の割合

歯周病そのものの痛みがありませんので自覚がない方も多いようですが、80%もの方たちの歯茎は、歯周病菌によって大きなダメージを受けています。歯周病は痛みありませんが、悪化すると歯を支えている歯槽骨を溶かします。そのため、現在抜歯原因の第1位となっています。(虫歯ではなく、歯周病が1位です)この歯周病の防止や治療が、歯をいつまでも残すための最善策と言えます。

定期検診を受ける方とそれ以外の方達との生涯治療費について驚きの事実!

定期検診を受けていた人の生涯治療費

定期検診を受けていない人の生涯治療費

上記画像は検診を定期的に受診し、予防処置を怠らなかった方と、そうでない方の生涯治療費の差を表しています。定期検診を受けている方は高齢になっても天然歯を維持できますが、定期健診を受けていない方は早くに歯を失います。その結果入れ歯やインプラントなどの治療費が増え、生涯治療費の高額化を招きます。これが定期検診が大切な理由です。

世田谷区中町で歯周病治療をご検討の方はのぶ:デンタル中町へ

世田谷区中町で歯周病治療ならのぶデンタルクリニック

のぶ:デンタルクリニック中町では、歯を失われる原因となっている歯周病に対して、こだわりを持って治療を行います。上記のように、通常の歯科医院では実施していない歯科ドックや歯周内科や歯周外科も受診できます。また当院では、歯周病治療のセカンドオピニオンとしての実績も多数あります。世田谷区中町で歯周病治療をご検討の方は、ぜひ一度のぶ:デンタルクリニック中町へご相談ください。