重度な虫歯に対して行う治療

投稿日:2019年6月17日

カテゴリ:根管治療

虫歯の進行がすすめば、虫歯の部分だけを削るだけでは足りず、神経をとる処置が必要になってくることがあります。冷たい物だけでなく、あたたかい物を食べてもしみるようになり、ズキズキと眠れない痛みがでてきてしまったら虫歯が神経まで達している可能性があります。
このような症状がでてしまった場合、根管治療が必要になります。虫歯に感染した神経を取り除き、歯の根(根管)を洗浄・消毒して、根管が完全にキレイになったら薬を詰めてふたするというような治療内容になります。そして虫歯で削られてしまった部分に新しい土台をたて被せ物をしていく流れになります。

歯の神経は一度とってしまえば元に戻ることはありません。神経がないため、しみたり痛みを感じたりすることはなくなりますが、虫歯に再感染しても症状がないため気づきにくくなってしまいます。また、歯髄がないため血液の循環がなく、歯の強度が弱まり割れやすくなります。そして時間の経過とともに歯が黒っぽく変色することもあり、歯の神経を取ると、さまざまなデメリットが生じてしまいます。

歯の神経をとるということは歯の寿命を短くするということです。神経の処置が必要にならないように自宅でのセルフケアや歯科検診でしっかりと虫歯予防をしていきましょう。