痛くない親知らず抜歯

親知らずは抜くべきか!?「ムリに抜く必要はありません」

親知らず抜歯

「親知らずは抜く方がいいのでしょうか?」などの相談をよく受けます。実際親知らずをそのまま放置しておくと、腫れたり痛くなったりすることがあります。しかしすべての歯を抜く必要はなく、むしろ、親知らずは残しておいた方が良いのです。悪い影響を与える時のみ抜歯するのが良いでしょう。

親知らずを抜いた方がいいのはこんな時

親知らずの抜歯

①親知らずが少し見えており、これ以上成長することがない時

親知らずが横や斜めになっていたりして、きちんと生え切らない時です。この場合、歯周病や虫歯の危険性があります。

②親知らずが手前にある歯を強く押しており、歯並びに悪い影響を及ぼす時

親知らずが手前にある歯を強く押している時は、歯並びの状態が悪くなる可能性があります。

③親知らずの周辺に嚢胞がある時

レントゲンで埋もれている親知らずの周辺に、袋状の影が出ることがあります。これが嚢胞ですが、そのまま放置しておくとトラブルが発症することがあります。

④親知らずのかみ合わせが悪く、頬の粘膜や歯茎を傷つけている時

親知らずはかみ合わないとそのまま成長します。それに伴い頬の粘膜や他の歯茎を噛んでしまい、痛みが出ることがあります。さらに顎関節症を引き起こすこともあります。

⑤親知らずが歯周病や虫歯になっている時

親知らずは歯を磨がないと歯周病や虫歯になりやすい歯でもあります。そのため正常に生えていても、歯周病や虫歯である場合は抜いた方が良いのです。

親知らずをそのままにしておくと再利用できます(親知らずの移植)

親知らずの移植

親知らずを抜かずそのまま残しておけば、次の場合に役に立つ場合があります。

  • 他の歯が悪化して抜歯する場合、その部分に移植できます
  • 手前の歯が抜歯する場合、矯正治療によって手前に親知らずを移動できます
  • 手前の歯を抜歯する場合、親知らずを支えとしてブリッジを挿入できます

また、かみ合わせに問題なければ、普通の歯と同様な機能をさせれます。

当院では、難易度の高い親知らずの抜歯にも対応しております

case0202こちら、左下に親知らず(智歯)が埋まっています。この親知らずは、手前の歯を虫歯にしたり、歯周病や口臭の原因にもなる可能性が高い生え方をしているので、抜歯が必要と判断しました。

ところが、このように大部分が骨の中に埋まっていたり、親知らずの根の先に神経の管が近接している場合、一般的に大学病院での抜歯を勧められる事が多いです。

しかし、当院ではこのような難易度の高い親知らずの抜歯も院内で行なっております。

CTを使用した安全な親知らずの抜歯と診断

CTによる智歯診断

当院では歯科用CTを撮影し、立体的に歯の位置を確認します。 また、神経管と歯の位置関係を3次元的に確認する事で、安全・確実に親知らずの抜歯を行います。神経管を描出する事も出来ます。 施術は、難しいインプラント外科手術も行える、外科治療の上手な歯科医師が担当します。

  • CT診断親知らずを後ろから見たり、上から見たり、途中でカットしたりして、骨と歯の関係を調べます。

  • CT診断神経管と歯は近接していましたが、問題ないと判断し、抜歯を行いました。予後も問題ありません。

親知らずを抜歯する時の痛みや、その後の状態について

親知らずと痛み

「親知らずを抜くのはとても痛い」、などのイメージを持つ方も多いようです。しかし抜歯をする時は麻酔をしますので痛みは感じません。当院では、麻酔そのものの痛みを感じないような治療を行っています。痛みを感じるのは麻酔が切れた後です。傷口なので当然痛みは出ます。しかし痛みを感じない治療によって、術後の痛みを可能な限り回避できます。

抜歯にかかる時間と、抜歯をした後の痛みは比例する

親知らず抜歯の痛み抜歯をする時間と抜歯をした後の痛みは比例すると良く言われます。

親知らずの中でも骨に深く埋まっている場合は、抜歯後の痛みが強くなることがあります。

当院では経験豊富なドクターが、明確な画像診断によって治療しますのでスムーズに行えます。

ドライソケットでの痛み

親知らず抜歯とドライソケットの痛み抜歯をした後は、抜いた穴に血が溜まり次第に良くなります。しかしその血が何かしらの理由によって剥がれると、強い痛みが出ることがありこれがドライソケットです。

ドライソケットは、痛みが長い時間続きます。
ドライブソケットを回避するには、抜歯後のうがいの禁止など、様々な注意点があります。抜歯を行う時にその都度説明いたします。

しかし万が一ドライソケットになった場合は、早急に対応いたしますでの安心してください。

親知らずを抜歯すると小顔になれるの?

親知らずと小顔

親知らずを抜歯すると小顔になる、こんな話をよく聞きますが間違いでもないようです。その理由は次の通りです。

①親知らずの周辺の骨が痩せるため

親知らずが下にある場合、エラの近辺にありますので、抜歯によって骨が吸収されてエラの部分が少し細くなることがあります。

②顎の筋肉が痩せるため

いつも噛んでいる親知らずを抜く時は、その部分の噛み合わせがなくなり、筋肉を使うことがなくなり痩せてきます。さらに噛み合うことがなくても、手前の歯を親知らずが強く押している時は、歯に違和感を覚えたり並びがずれたりして、無意識に噛んだり歯ぎしりを行うことがあります。しかしこの場合も親知らずを抜くことで歯ぎしりや噛みしめの症状がなくなり、筋肉が痩せることがあります。

世田谷区中町で親知らずの診察・治療をご希望の場合はお任せ下さい

世田谷区中町で親知らずの抜歯はのぶデンタルクリニック中町

世田谷区中町で親知らずの抜歯、あるいは診察をご希望の方は、のぶ:デンタルクリニック中町にお任せください。抜歯の時は可能な限り痛みを軽減し、移植など将来のことを考慮した最善の治療法を提示いたします。