抜歯しないといけない歯とは

投稿日:2017年11月20日

カテゴリ:未分類

抜歯をしなければいけない歯とは…

まず、みなさんもすぐ思い付く親知らずです。

親知らずは前の歯を押して歯並びを悪くします。また、隙間に汚れが入り込み、前の歯を虫歯にして、痛みと腫れを起こすこともあります。将来、弊害が出る可能性があるので抜歯した方がいいと言えます。

次に、重度の歯周病です。

歯の周りから菌が入り込み、歯を支えている歯槽骨が溶けて歯肉が下がり、歯がぐらぐらします。膿が出たり出血します。ただ、炎症が強い場合は、抗生物質などで炎症を抑えた後に、抜歯することもあります。

次に、重度の虫歯です。

虫歯が進んで歯肉のところまで歯がなくなると、病巣を削って充填材を詰め、形を整えて上部に人工歯を固定するこが難しくなります。歯髄が死ぬと、痛みはなくなりますが、菌が歯根の先端から骨の中に入り込み、病巣が拡大していくため抜歯になる場合があります。

次に、破折した歯です。

事故や噛み合わせなどにより、歯が折れたり、割れてぐらぐらしているなどの症状のある場合も抜歯になることかあります。

次に、矯正治療です。

歯並びを良くするために抜歯をして綺麗に並べる矯正治療のケースもあります。

上記のように、抜歯のケースはさまざまあります。1本でも多くの歯を残すためには、定期的な検診が必要となります。

11月はキャンペーンを行っており、1番人気のPMTCが10%引きになっておりますので、検診と一緒にPMTCの予約気軽にお電話ください。

■ 他の記事を読む■