歯ブラシの選び方

投稿日:2018年2月1日

カテゴリ:予防歯科

歯磨きに欠かせないアイテムと言えば、歯ブラシ。皆さんは、どのような歯ブラシをお使いですか?自分に合った歯ブラシを使っていますか?
自分に合わない歯ブラシで一生懸命に歯を磨いても、意味がありません。それどころか、虫歯や歯周病の原因になってしまうこともあるのです。
そこで今回は、正しい歯ブラシの選び方について、ご紹介したいと思います。
歯ブラシを選ぶポイントは、硬さです。お口の中の状態によって硬さを選びましょう。

「かため」の歯ブラシは、歯と歯肉が健康で、歯磨きに刺激を求める人にオススメです。しかし、硬い歯ブラシでこすり過ぎると歯茎を傷つけたり、歯が削れたり、知覚過敏の原因になったりしますので気を付けましょう。

「ふつう」の歯ブラシは、歯茎を傷つけずにプラークの粘着をはがすことができる、ちょうどいい硬さなので、多くの方にとって、一番良いとされています。

「やわらかめ」の歯ブラシは、歯茎に炎症を起こしている人や出血がひどい人にオススメです。しかし、毛先が滑りやすく、プラークを落としにくいので、症状が落ち着いたら「ふつう」に移行していくとよいでしょう。

最後に、歯ブラシを替えるタイミングです。毛先が広がったり衛生面に問題があったりと、いつまでも歯ブラシを替えずに間違った歯ブラシを利用していると、プラークが綺麗に除去されなかったりと効率が悪いだけでなく、歯や歯茎にダメージを与えてしまい、かえってトラブルを招くこともあります。
歯に歯ブラシが直角に当たらなくなってきたら、それが交換のタイミングです。ちなみに、替え時の目安は約1ヶ月といわれています。毛先が倒れていなくても、1ヶ月を過ぎたら交換するようにしましょう。

当医院でも、歯ブラシを取り扱っております。お気軽にお声かけください。