歯ぎしり用マウスピース

投稿日:2018年2月23日

カテゴリ:未分類

自分では気が付きにくい歯ぎしり。寝ている間に起こることが多いのですが、無意識のうちに歯やあごに負担をかけてしまっています。歯ぎしりによる歯やあごへの負担を軽減するために用いられるのが、マウスピースです。このマウスピース、歯ぎしりのためだけではなく、他にも様々な効果が期待できます。

歯ぎしりをすると良くない理由が、歯やあごに相当強い力が加わってしまうことにあります。歯に強い力が加えたり、ギシギシと歯に摩擦をかけたりすることによて、歯自体が削れてしまったり、割れてしまうこともあります。他にも、治療済の歯の被せものが壊れる、あごの負担がおおきいため、顎関節症が悪化するなども考えられます。さらに、歯やあご以外にも、強い力を加えることで筋肉が緊張し、頭痛や肩こり、目の奥の痛みを引き起こす原因にもなるのです。

歯ぎしりが起こる原因としてあげられる事として、ストレス、歯並びやかみ合わせの変化、あごの変化などがあります。

マウスピースがもたらすいい効果としてあげられる事として、筋肉の緊張を緩和する、顎関節症を予防する、リラックス効果があります。

睡眠時歯ぎしりをしていて朝起きるとあごが痛いなど、口が開けづらいなど、気なる症状がありました気軽にご相談いただければ歯型を取り患者様に合ったマウスピースを作ることが出来ます。

是非、お近くの歯医者でご相談下さい。

■ 他の記事を読む■