子供を虫歯から守る。

投稿日:2018年3月22日

カテゴリ:未分類 虫歯

ひと昔に比べて、小さい子の虫歯の罹患率は低くなってきています。

しかし、未だに虫歯がたくさんできているお子さんもいらっしゃいます。

現在では、虫歯ゼロのお子さんと重度の虫歯が沢山あるお子さんの二極化が問題となっているそうです。

そもそも人は生まれながらにして菌を持ってるわけではないのです。

赤ちゃんが成長するにあたり周りの家族などから菌が感染しやすい

時期があるのです。その要注意の時期は「感染の窓」とも言われ、

だいたい1歳半から2歳半くらいのころなのです。この時に、虫歯を作るミュータンス菌に

感染してしまい、お口の中が虫歯ができやすい環境になってしまうのです。

子供を虫歯から守るために保護者ができることは、

・コップや食具を共有しない(フーと息で食べ物を冷ますのも控えたほうがよいそう。)

・お口へのスキンシップを避ける

・自らの口腔内を清潔に保つ

また、初期虫歯(歯の表面が溶け出し、白濁している。脱灰)の時点であれば

再石灰化の作用で元の歯に戻る可能性もあるので、めげずにフッ素を塗布やキシリトールの摂取、

食事内容や与え方の改善、仕上げ磨きの徹底をしましょう!仕上げ磨きに関しては、12歳までという

考えもあるそうです。

周りの方の協力、予防の徹底、初期段階での虫歯の対処によってお子さんの将来の虫歯リスクが下がるでしょう。

■ 他の記事を読む■