歯ブラシを選ぶポイント③

投稿日:2018年8月22日

カテゴリ:セルフケア 未分類

今日は子供の歯ブラシを選ぶポイントについて書きます。
子供の場合、目安として歯ブラシに記載されてる対象年齢の歯ブラシを使用してください。

1️⃣歯が生え始めた時〜2歳

離乳食開始時期が生後6か月からと言われています。歯の放出には個人差がありますが、歯が生え始めたら歯磨きもスタートです。下の歯のAが萌出した頃は。子供用歯ブラシでも大きく感じます。

すると子供は違和感を覚えなかなか磨かせてはくれません。

そんな時期は小さなワンタフトブラシがオススメです。毛先の形状は製品によって違いますが、毛先が丸いタイプが良いと思います。

臼歯部が生えてきたら、子供用歯ブラシでも構いません。子供自身で磨けない時期なので、歯磨きを喜んでもらうためにも一緒に歯ブラシを選び、『歯磨き』という行動に参加させましょう。

また、親や兄弟が磨く姿を見せると嫌がりにくくなります。

 

2️⃣3歳〜5歳

乳歯列完成期。子供が自分で使う歯ブラシは、年齢に応じてヘッドの小さな歯ブラシがオススメです。子供と一緒に歯ブラシを選ぶと、モチベーションが上がりやすくなります。

この頃になると、朝や食後、寝る前に歯磨きをすることに慣れてきます。

行動が活発になって、歯ブラシを持ったまま走ったりするのでとても危険です。声がけをするのと同時に、一緒に見守りながら磨く習慣をつけましょう。

 

続きはまた今度!