大人の矯正治療で使用する装置

投稿日:2019年9月9日

カテゴリ:矯正

歯の矯正治療というと子供の頃に始めるイメージがありますが、大人になってから矯正治療を始められる方も多くいます。
歯の矯正は見た目だけを改善するものではありません。並びが悪ければ、歯ブラシでの磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病を引き起こす原因にもなります。そして悪い噛み合わせは、身体全体のバランスを崩し、頭痛や肩こり、耳鳴りなど歯意外にも悪影響を及ぼします。

代表的な矯正装置として、ブラケットをいう器具を歯の表面につけワイヤーの力により歯を並べていくワイヤー矯正があります。ワイヤーの力により短期間でも歯を動かしやすいメリットがありますが、金属の装置が目立つので抵抗のあるかたもいます。
装置が見えるのが気になる方はマウスピースによる矯正もあります。マウスピースは透明なので遠目からは装置が入っているのがわからないくらい目立ちません。ただ、食事や歯磨き以外はほぼ終日装着していなければならず、歯並びによってはマウスピースだけでは十分に矯正の効果が得られない場合もあるため、誰でも適応できるわけではありません。

歯が並ぶスペースが十分にない場合はまず拡大床という装置で、まず顎を外側に広げる場合もあります。拡大床により顎のスペースが確保された後にワイヤー矯正やマウスピース矯正へと移行していくこともあります。

矯正は費用も期間もかかる治療方法ですし、途中で治療をやめることもできませんので医師に十分ご相談ください。