親知らず抜歯後の臭いについて

投稿日:2019年10月22日

カテゴリ:スタッフブログ

親知らずを抜歯した後は腫れや痛みのほかに、口臭も発生しやすくなるのをご存知ですか。腫れや痛みが伴うのは想像しやすいですが、口臭まで発生するのは意外に思われる方も多くいます。

では抜歯後の口臭の原因は何でしょうか。

一つ目はお口の中に食べかすが残ることが原因で発生する臭いです。抜歯後は歯があった場所はぽっかりと穴があいている状態になっています。ここに食べかすが入ると臭いの原因となります。また、傷口を糸で縫合することもありますが、この糸に食べ物が付着してしまうこともあります。食べかすによる臭いはある程度仕方のないものなので、大切なのは自分で無理に取り除かないことです。歯ブラシをあてたり舌で何度も傷口に触ると傷口をさらに傷つけてしまい、治癒を遅くしてしまいます。

二つ目は歯肉の炎症によるものです。抜歯後の傷口には血がたまりますが、そこに細菌が感染し炎症を起こすことがあります。

傷口が治癒するまでは口臭は仕方のないことです。気になるからと言って、何度もうがいをいたり歯ブラシをゴシゴシあてるには絶対に避けてください。傷口を悪化させないためにもどうしても気になる場合は自分だけでは対処せず歯医者さんで診てもらいましょう。