歯周病の初期症状

投稿日:2019年11月3日

カテゴリ:歯周病

歯周病はある日突然、重度の症状が出るのではなく、徐々に進行する病気です。
重度になってから慌てて治療するのではなく、早い段階から予防することが大切です。

歯周病になると、歯ぐきの赤みや腫れ、出血、口臭といった症状が起こります。症状が重くなった場合、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまい、最終的には歯が抜けてしまうこともあるのです。
歯周病が原因で歯が抜けてしまうと、噛む力が弱くなり、食べられるものの種類が限られてしまいます。
また、歯の本数が減ると、食事をおいしいと感じにくくなり、栄養状態にも影響が出てしまいがちです。
歯を失うことは、生活の質やお口の健康に、大きな影響を与えます。

歯と歯ぐきの間には1〜2mm程度のすき間があります。この程度は健康な状態です。
歯垢(プラーク)がたまった状態を放置すると、歯ぐきに炎症が起き、2〜3mmのすき間があり歯肉炎と呼ばれます。

のぶデンタルクリニックでは、歯周病治療ためのオリジナルコースがあり、根本の原因菌対策を行います。自覚症状がない方でも歯周病菌の有無をチェックするDNA検査をおすすめします。歯を失ってしまい後悔しないために、早めの予防がなにより大切です。