中度歯周病の症状について

投稿日:2019年12月10日

カテゴリ:歯周病

歯周病(中度)になると、歯肉の炎症が拡大し、歯槽骨も歯の根の長さの 半分近くまで破壊され、露出し歯がグラグラし始めます。 歯周ポケットもかなり深くなっていますので、ケアも困難になり、症状はさらに悪化していきます。 治療法は、歯周病の中程度から重度の状態の場合、スケーリングでは届かない歯石を歯ぐきを切開して徹底的に取り除き、深い歯周ポケットに溜まりにくくなるようにポケットを浅くするフラップ手術があります。外科的処置(フラップ手術)で歯肉を切開し、歯石や歯周病菌を除去します。状態により、歯茎の骨を調整し、歯肉を縫合します。

歯垢(プラーク)が歯に付着している時間が長いほど、虫歯になりやすくなります。細菌の集団である歯垢を除去するクリーニングなど、定期的に口腔内を管理することで、歯肉などの歯周組織の健康を維持します。

のぶデンタルクリニックでは、歯周病原因菌をDNA分析により特定し、特化したオリジナル歯周病治療がございます。