中等度歯周病の治療について

投稿日:2019年12月24日

カテゴリ:歯周病

みなさんこんにちは。今日は中等度の歯周病の治療について、お話ししたいと思います。
ところで皆さんは歯周病の原因が何なのか考えたことはありますか?
従来汚れや歯石だと言われていましたが、実は歯周病の原因菌が増えることによる感染症だということが一般的になりつつあります。そして歯周病は口の中だけではなく、全身に悪さをすることも解明されています。糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、死産、アルツハイマー型認知症を悪化させる原因になるとも言われています。なので歯周病=全身感染症といっても過言ではありません。

ではその全身感染症が従来の歯石取りだけで治るのか?答えはNO!です。
もちろん歯周病の治療において歯石取りは重要な治療ですが、タイミングを間違うと、全身に菌をばらまいてしまう行為にもなりうるのです。歯石取りの際出血するのは歯ぐきの毛細血管が傷つくからです。そこから歯周病の菌が血管の中に入り全身にめぐると言われています。なのでできる限り炎症を抑えて毛細血管を破れにくくして歯石をとることが重要になります。

そこで当院では歯周内科治療を推奨しています。歯周内科治療とは、歯石取りをする前に、顕微鏡検査や細菌のDNA検査を行い、どの歯周病菌が多いのか、菌のバランスはどうかを調べ、それに合わせてお薬を処方する完全オーダーメイドの治療法です。お薬で炎症を抑え、歯周病菌が減りバランスが整ったところで歯石取りを行うと、血管が破れにくく歯周病菌が入りにくくなります。また万が一入ってしまっても、悪い菌自体が少ないので、全身に菌が回ったときの影響がぐっと下がります。従来の治療法と比べると、とても安全性の高い治療法だと言えます。

また良くなったと体感される方がとても多く、笑顔で「ありがとうございまず、皆さんのおかげです」とお声がけ頂くことがあり、私たちもこの治療をおすすめして本当に良かったと日々感じています。
歯周病はとてもデリケートな問題なので、一人で悩まれている方が沢山いらっしゃるのが現状です。私たちはそのような困っている方を一人でも多く救いたいと日々仕事をしています。一歩踏み出してみてください、私たちが全力でサポートします。
ぜひお気軽にご相談ください。スタッフ一同心よりお待ちしております。