金属床義歯のメリットデメリット

投稿日:2020年6月9日

カテゴリ:未分類

歯科医学用語で入れ歯のことを【義歯】といいます。義歯床の「床」という言葉、これは義歯の土台となる部分を指しています。

保険診療ではレジン床(プラスチック)、自費診療では金属床といった入れ歯が利用されます。この床をレジンで作るか、金属で作るかが、2つの入れ歯の大きな違いとなります。

金属床義歯とは、義歯床が金属で出来ている入れ歯です。義歯床を金属にすることのメリットからお伝えします。

金属は強度が高いため、薄くできるのが最大の利点です。温度の変化もレジン床に比べると感じやすく、薄いため話しをするときの違和感も少なくなります。金属は強度的に強いので薄くすることが出来ますが、プラスチックは強度的に弱いので薄くすることが出来ません。その違いこそが、患者様が入れ歯を口の中に入れた際に感じる装着感を、全く別物に感じさせることに繋がります。髪の毛一本、腕の上に落ちていても気が付きませんが、口の中に入ると煩わしいものです。それほど、口の中のセンサーは過敏ということになります。髪の毛一本で煩わしさを感じるくらいなので、強度がとれないためによる厚みを確保したレジン床の入れ歯の装着感は、相当煩わしいということに、納得ができるかと思います。
強度的に強い金属を使用することで、入れ歯の厚みを薄くすることで、装着時の違和感を極限まで抑えることのできる【金属床】。金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近くなります。
また、汚れが付きにくいので清潔です。
保険のものよりもピッタリと合った入れ歯ができる可能性が高いといえます。
金属なので、割れにくく、変形しにくいのも特徴です。

デメリットとしては、
製作するには熟練した技術が必要で、高価な材料を使用するため健康保険の対象外となります。修理が難しく、あごの骨がだんだんと痩せてくることで、徐々に合わなくなること。落ちたり外れたりしやすいこと。金属床義歯には「コバルトクロム合金」という金属が最もよく使用されているが、この金属は金属アレルギーの原因となりやすいこともいえます。(金属の部分にチタンを使用すれば、この問題は解決できます。

金属床義歯は値段が高く修理も難しいので、まず保険の入れ歯を使ってみて、それで納得がいかない、より良いものにしたいという場合に使用することもオススメします。

また、金属床義歯自体は強度が強いので割れたり変形したりすることはほとんどありませんが、それでもアゴの骨のほうが溶けて変形してしまうことは避けられないので、いずれ作り直さなくてはならなくなります。(金属床義歯は変形せず、半永久的に使えると勘違いしている人がたまにいるので念のため)

そのほか、保険の入れ歯ではよく噛めない、入れ歯が安定しない、痛みがあるという場合には金属床義歯は適当ではありません。

より良い提案を心がけております。
ご相談いつでもご連絡ください。