歯並びが悪いことで起こる問題とは

投稿日:2021年4月28日

カテゴリ:噛み合わせ 未分類

歯並びがガタガタ・八重歯・すきっ歯のように歯並びが悪い場合や、いわゆる出っ歯や受け口・左右のずれ・上下がかみ合わないなどの噛み合わせに問題がある場合、そのまま放っておくと以下のようなトラブルが起こりやすくなります。

1. 虫歯や歯周病になりやすい
歯並びが悪いと、歯が重なりあった部分のブラッシングが不十分になるため、虫歯や歯周病が起こりやすくなります。また、歯並びが悪いせいで特定の歯に大きな力が加わると、歯周病が悪化しやすくなります。歯を失う二大原因といわれている虫歯と歯周病から歯を守るためにも、歯並びや噛み合わせが重要なのです。

2. しっかり噛めない
歯並びや噛み合わせの影響によって、普段からよく噛まずに食事をしていると、消化不良の原因になります。さらに、しっかり噛む習慣がつかないことで、口元の筋肉や顎の骨の成長が進まないため、俗にいう「お口ポカン」になりやすいほか、噛む力がしっかりと鍛えられない可能性があります。

3. 口臭の原因になる
歯並びや噛み合わせが悪いせいで口がきちんと閉じられないと、口呼吸の癖がついてしまって、お口の中が常に乾燥した状態になります。また、しっかりと噛む習慣がない場合、唾液の分泌量が少ないため、さらに乾燥が進むことで、お口の中に雑菌が繁殖しやすくなって、口臭がひどくなってしまいます。

4. 顔貌が変化する
歯並びや噛み合わせは上顎や下顎の突出のほか、正中線がずれて左右非対称の状態になるなど、顔のゆがみの原因になります。これらの問題は機能的なトラブルだけでなく、見た目に対するコンプレックスにもつながることから、お子様のうちに対処しておくと安心です。

5. 顎の関節に負担がかかる
歯並びや噛み合わせが悪いと、噛むたびに顎に負担がかかってしまうため、顎関節症になりやすくなります。顎関節症とは、「カクカク音がする」「口が開かない」「顎が痛い」などの症状がみられる病気で、マウスピースや生活習慣の修正による治療のほか、最悪の場合は外科手術が必要となる場合があります。

6. きれいな発音ができない
歯並びや噛み合わせが原因でお口をしっかり閉じることができないと、滑舌が悪くなる恐れがあります。お口から息が漏れてしまうため、歯擦音と呼ばれるサ行が発音しにくいほか、タ行やラ行が相手に聞き取りにくい場合があることから、話すことにコンプレックスを感じている患者さんも少なくありません。

当院では歯並びに合わせた矯正治療を御提案致します。お気軽にお問い合わせください。