オールオン4インプラントについて

投稿日:2021年9月6日

カテゴリ:インプラント

オールオン4とは

オールオン4とは、最小で4本のインプラントで全ての歯を支えるインプラント治療法です。

ざっくりと、総入れ歯を4本のインプラントで固定し、外れない状態になるというとイメージしやすいでしょうか。

上顎、あるいは下顎の全ての歯をインプラント治療する場合、従来のインプラント治療であれば失った歯と同様の本数(1214)、もしくは何本か少なくしたとしても最低68本のインプラントが必要でした。

しかし、それでは手術そのものも大変になり、治療費も高額になるなど身体的な負担が大きく、インプラント埋入後も治療期間の約46ヶ月は固定式の歯は入りません。治療期間も非常に長引いてしまいます。

そのような問題を解決する為に開発されたインプラントが『オールオン4です。

 

 

オールオン4の治療について

オールオン4の治療は抜歯と同時にインプラント埋入オペを行いますので、オペは1回で済みます(抜歯即時埋入)

また、手術直後に綺麗な固定式の歯が装着されますので、その日の夜には食事することが出来ます。

丈夫な骨があるところに骨の移植をしないで、必要最低限のインプラント4本を埋入する(経済的)という非常に利点の多い治療法です。

 

 

オールオン4のメリット・デメリットについて

■メリット

・歯並び等、審美面もカバーできる

・手術当日に歯が入る

・固定式の為、ずれたり外れたりしない

■デメリット

・定期的なメンテナンスが必須

・自由診療の為、保険適用外

 

 

 

このようにオールオン4によるインプラント治療は様々な手法を駆使する高度な技術が必要とされる治療方法です。

当院は経験豊富なインプラント専門医がオールオン4の開発者であるポルトガルのDr.Maloに直接指導を受け正しい治療を行なっております。

■ 他の記事を読む■