歯の着色を防ぐには

投稿日:2021年10月4日

カテゴリ:ホワイトニング

笑顔の時に白い歯が輝いていると、それだけでとても魅力的な印象を受けますよね。歯医者さんでホワイトニングをして歯を白くしても残念ながらそれは一生保てるわけではありません。歯の白さを保つためには、食べ物や喫煙、歯磨きなどの生活習慣が重要になってきます。

 

1つ目は色の濃い食べ物や飲み物に注意することです。
例えばコーヒー、お茶、コーラ、赤ワイン、ケチャップ、しょうゆ、ソース、カレー、ぶどう、ブルーベリーなど

色の濃い食べ物や飲み物は歯の着色の原因となります。ただ色の濃い食べ物だけを避けていれば安心というわけではありません。【着色補助食品】にも注意しなければいけません。着色補助食品は、単体では着色の原因にはなりませんが、口の中を酸性化させるために歯の表面のミネラルが溶ける脱灰という現象が起こり、その部分に汚れがつきやすくなり、着色を手助けしてしまうのです。砂糖を多く含んだり、酸性の強いものが着色補助食品になります。(例えば、炭酸飲料、お酢、柑橘類など)

 

2つ目は喫煙を控えることです。

タバコのヤニは歯を茶色に変色させ、また粘着性もあるため、一度、歯に着くとなかなか落ちません。

 

歯の着色の原因となる食べ物の色素成分やたばこに注意するだけでも、歯の白さを保つことができます。ぜひセルフケアを意識してみてください。