ホワイトニング後に注意したい食事・飲み物について

投稿日:2021年10月11日

カテゴリ:ホワイトニング

今回は、よく聞かれるホワイトニングした後に気をつける食事・飲み物についてご紹介いたします。

 

ホワイトニング後の24時間は再着色しやすいと言われています。

ですので、この時間は着色しやすい喫煙や飲食の摂取は避けなければなりません。

本来、歯は”ペリクル”という薄い膜に覆われており、特にホワイトニング直後は、その膜は除去され12〜24時間かけて再生されます。

その為、ホワイトニング直後は色が入り込みやすい状態でもあり、抜けやすい状態でもあるのです。

また膜”ペリクル”は色がつきやすい性質があります。

その為、当院ではホワイトニング終了後24時間は色の付きやすい物は避けるようにして頂いております。

基本的には24時間ですが、可能であれば48時間は色の濃い物はさけていただき、ホワイトニング効果が発揮されるようにしてみて下さい。

 

 

どんな物を避ければよいのか

色の濃い食べ物

カレー・スパゲッティ・焼き肉・味噌・ソース・ケチャップ・醤油・からし・わさび

トマト・きゅうり・カボチャなどの色の濃い野菜

ぶどう・イチゴなどの色の濃い果物

 

色の濃い飲み物

コーヒー・紅茶・日本茶・ウーロン茶・炭酸飲料・色の濃いジュース・赤ワイン

 

ポリフェノールを多く含むもの

※ポリフェノールは歯面に着色をつけやすくする為。

赤ワイン・ココア・チョコレート・ぶどう

 

その他

色付きの歯磨き粉・うがい薬・たばこ・口紅

※ホワイトニング直後は酸性の飲料、着色食品の影響を受けやすく、たばこの煙の微粒子も歯に吸収されやすくなります。

 

 

どうしても我慢きない時には・・・・

口をゆすぐだけでも効果的!

飲み物に関しては、ストロー等を使って歯面に触れないように飲みましょう。

また、濃い飲み物を飲んだ際は5分以内にブラッシングするのが理想的ですが、難しい場合は口をゆすぎましょう。

 

 

皆さんもホワイトニング効果が発揮されるように実践してみて下さい★

 

■ 他の記事を読む■